2017.12.11

【はっしゃん】月次速報<3543>コメダHD


はっしゃんです。

コメダHDの11月月次です。
 全店: 109.8%
 既存店: 101.%
既存店が3ヶ月ぶり100%超。
累計は会社予想108.3%に対し110.8%。

3543

3Q決算は計画上ブレでの着地。
株価は6月高値2007円をピークに
売り出しの影響もあり調整中。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

【はっしゃん】月次速報<3064>モノタロウ


はっしゃんです。

モノタロウの11月月次です。
 単体売上: 125.0%
売上13ヶ月連続120%超。
累計は中間予想121.0%に対し126.0%。

3064

足元の月次業績は好調維持も
アマゾンエフェクト懸念で
株価はやや軟調に推移。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

【はっしゃん】月次分析<9942>ジョイフル

はっしゃんです。

ジョイフルの11月月次です。
 全店: 107.6%
 既存店: 105.9%
累計は会社予想104.9%に対して100.9%。

9942_2

全店、既存店ともに今期最高も、
通期はまだ目標達成には不足。

株価は3ヶ月連続で高値更新。
12月は株主優待権利月。

ありがたいことです。


| | コメント (0)

【はっしゃん】月次速報<3221>ヨシックス

はっしゃんです。

ヨシックスの11月月次です。
 全店: 126.8%
 既存店:102.0%
既存店2ヶ月ぶり100%超。
累計は修正予想117.8%に対し122.5%。

3221

10月は天候要因で振るわなかったが、
11月は全店、既存店とも今期最高水準。
通期は計画上ブレペースに上乗せ。
株価は11月下旬から最高値を更新し、
しばらく停滞中。

ありがたいことです。


| | コメント (0)

2017.12.09

【はっしゃん】業績予想と株価予想

企業分析に基づく株式投資では、
 1)業績予想
 2)株価予想
の2つの要素が存在します。

どちらが重要かというと、
言うまでもなく「業績予想」です。

業績予想と株価予想の
当たりハズレを組み合わせると
次の4パターンになります。

・もっともよい
 ○業績予想 ○株価予想

・その次によい
 ○業績予想 ×株価予想

・よくないが反省すれば次につながる
 ×業績予想 ×株価予想

・運がよかっただけ
 ×業績予想 ○株価予想

上の4つのなかで、
もっとも注意が必要なのが、
4つ目の「運がよかっただけ」
というパターンです。

単に運がよかっただけでは、
次につながらないのです。

資産だけが増えていっても、
投資スキルを伴っていないと、
いつかは負けますから、
その負けるべき時に、
スキルレベルに応じた負け方をするだけです。
低レベルだと、一発退場とか。(笑)

運だけで生き残れるほど、
市場は甘くありません。

 * * *

資産が増えるに越したことないのですが、
投資スキルの向上という意味では、
むしろ反省点があった方がよいと思います。

業績予想の精度を上げ、
投資スキルが向上してくると、
勝ちパターンの再現性が高まりますし、
負ける時の傷も小さく済むようになります。
長期で重要なのはこちらです。

株価予想だけ外れた場合は、
なぜ市場が業績と連動していないのか、
よく調べて考えてみましょう。
市場は、よく間違えるものですけど、
自分だけの思い込みかもしれません。

業績予想だけ外れた場合は、
正確な分析ができていたか。
情報を増やす余地はないか。
予想に反するシグナルを見逃さなかったか。
など反省点を改善して次につなげましょう。

株式投資を長期的な資産形成の場と考えると、
継続的なスキル向上は欠かせません。

決算発表などは、自分が投資を通じ、
どれだけ成長しているかを
確認するイベントでもあります。

分析が正しかったのか、運がよかったのか。
過去の自分と比べて成長できているか。
株価や業績内容を確認して、
自分の立ち位置を再認識しましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

«【はっしゃん】月次速報<7618>PCデポ