2018.09.23

【はっしゃん】新ブログ開設のお知らせ

新ブログ
 「株ブログ はっしゃんのスロートレード」
を下記にて立ち上げましたので、
連絡します。

http://hashang.kabuka.biz/

今後の記事は新ブログに投稿するとともに、
本ブログの人気記事についても、
新ブログにて加筆・リライトを予定しています。

今後ともお付き合いのほど、
よろしくお願いします。


【はっしゃん】のスロートレード管理人

はっしゃん

| | コメント (0)

2018.08.16

【はっしゃん】ビジュアル決算分析まとめ

はっしゃんです。

twitterで速報していた
ビジュアル決算分析を
後から探しやすように
まとめページを作りました。

49銘柄をコード順に
並べています。

<2440>ぐるなび
BSチャート
PLチャート

<2681>ゲオHD
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<2702>マクドナルド
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<2914>JT
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<2928>RIZAP
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<3053>ペッパー
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<3064>モノタロウ
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<3085>アークランドサービス
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<3092>スタートトゥデイ
BSチャート
PLチャート

<3179>シュッピン
BSチャート
PLチャート

<3641>パピレス
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<3758>アエリア
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<3765>ガンホー
BSチャート
PLチャート

<3825>リミックス
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<3923>ラクス
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<3932>アカツキ
BSチャート
PLチャート

<4063>信越化学
BSチャート
PLチャート

<4348>インフォコム
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<4385>メルカリ
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<4528>小野薬品
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<4661>OLC
BSチャート
PLチャート

<4755>楽天
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<4911>資生堂
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<5301>東海カーボン
PLチャート
BSチャート

<6098>リクルート
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<6448>ブラザー
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<6502>東芝
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<6594>日本電産
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<6758>ソニー
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<6861>キーエンス
BSチャート
PLチャート

<6954>ファナック
BSチャート
PLチャート

<7185>ヒロセ通商
BSチャート
PLチャート

<7201>日産
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<7203>トヨタ
PLチャート
CFチャート

<7267>ホンダ
BSチャート
CFチャート

<7506>ハウスローゼ
BSチャート
PLチャート

<7564>ワークマン
BSチャート
PLチャート

<7731>ニコン
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<7806>MTG
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート

<7974>任天堂
BSチャート
PLチャート

<8005>スクロール
BSチャート
PLチャート

<8165>千趣会
BSチャート
PLチャート

<8186>大塚家具
PBR/PER/ROA/ROEチャート
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<8919>カチタス
BSチャート
PLチャート

<9437>ドコモ
BSチャート
PLチャート

<9697>カプコン
BSチャート
PLチャート
CFチャート

<9828>元気寿司
BSチャート
PLチャート

<9984>ソフトバンク
BSチャート
PLチャート
PLチャート

<9997>ベルーナ
BSチャート
PLチャート

対象銘柄には、はっしゃんの
興味・関心が反映されています。(笑)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.02.17

【はっしゃん】ドル円相場と長期投資

日本市場取引の6割は外国人投資家
と言われています。

われわれ日本人は円ベースで、
株価を見ていますが、
外国人投資家はそうではありません。
基軸通貨であるドルベースで
株価をみて投資判断しています。

例)ソニーのNYSEチャート。

Sne_5y

下のチャートは2000年12月以降の
日経平均とドル日経平均の比較です。
(月足終値ベース)
紺色が円ベースの日経平均。
紫色がドルベースの日経平均になります。

計算式は、
 ドル日経平均=日経平均/ドル円×100
です。

D225

今の為替相場は「強い円」ありき。
2003年の金融危機脱出以降、
「相場の上昇時は円安となり、
 下落時は円高となる」
という法則が維持されています。

チャートから紫色のドル日経平均の方が、
山が低く、谷も浅いのがわかりますが、
過去の暴落は「ドル円相場と連動」しています。

 * * *

ドル日経平均チャートの局面を
6つに分けて振り返ってみます。

1.2003年金融危機
 銀行の破綻や国有化、メガバンク救済など、
 バブル精算から日本売りとなった時期。
 「円安・株安」は、これが最後になり、
 円は、国際的に信用力の高い通貨の
 ポジションを取り戻します。

2.金融危機後の回復
 金融危機を脱出して、
 「円安・株安」から「円安・株高」に
 移行した回復局面。

3.リーマンショック
 サブプライム問題からドル売りが優勢となり、
 一気に「円高・株安」が進行した局面。

4.超円高不況
 リーマンショック後も「円高・株安」が続き
 株価も底這いを続けた局面。

5.アベノミクスによる回復
 アベノミクス以降、異次元緩和などにより、
 「円安・株高」に転換した局面。

6.チャイナショック+ブレグジットショック
 海外の波乱要因から、
 短期的に「円高・株安」となった局面。

7.2018年2月の暴落
 現在進行形で米国発の株価暴落から、(笑)
 ちょっとだけ円高・株安になった局面。

という感じです。

日本人には分かりにくいのですが、
ドルベースの外国人投資家にとっては、
株価下落(マイナス要素)と
円高(プラス要素)が同時進行するため、
円資産では暴落の衝撃が緩和されることなります。

この温度差は日本株への売り圧力となり、
短期的には、さらに日本株が売られる展開となります。

 * * *

為替レートは長期金利と連動します。
金利が上がれば、その通貨は強くなり、
逆に下がると弱くなります。

例えば、リーマンショックでは、
アメリカのローン債権がデフォルトとなり、
金利を下げまくってドル安誘導した結果、
底なしの円高となりました。

為替の変動リスクは、
長期投資に大きな影響を与えますので、
ドル円相場と個別株の投資戦略を
再確認しておきましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.01.06

【はっしゃん】リスク・リターンと長期投資

投資におけるリターンは、
リスクと表裏の関係にあります。
 「リターンとは、リスクの報酬である」
すなわち、より大きなリターンを狙うには、
相応のリスク管理が必要となります。

例えば、
 信用取引と現物取引
 成長株投資と割安株投資
 集中投資と分散投資
 短期投資と長期投資
のような相関ファクターがありますが、
ようするに、リスク・リターンのバランス問題です。

レバレッジを掛けた信用取引は、
レバレッジ倍率に比例して現物取引より
ハイリスク・ハイリターンになります。

安値に放置された割安株は、
業績変化に乏しく、変動リスクも少ないため、
損はしにくいが、儲けることも難しいでしょう。

逆に、人気化している成長株は、
業績変化が大きいため、変動リスクも高く、
当たれば大儲けですが、外せば大損です。

また、投資先をできるだけ分散することでも、
変動リスクを軽減でき、大きな損をしにくくなりますが、
大きく儲けることも難しくなります。

逆に、投資先を少数に集中すれば、
また変動リスクも高まり、大きな利益を狙えますが、
損失も大きくなってしまいます。(笑)

投資期間についても同様で、
短期でリターンを得ようとするには、
長期で同じリターンを得るよりもリスクが必要です。
許容時間が2倍になれば、
必要リスクは半分になります。

失敗が続いてしまうということは、
リターン期待値を高く設定し過ぎていて、
自身のリスク管理スキル以上の
リスクを取ってしまっているかもしれません。

 * * *

そもそもリスクを取りたくなければ、
株式投資などしなければよいわけですから、
自分のリスク管理スキルとリスク配分を
よく考えて、勝てる投資戦略をたてましょう。

あたり前のことですけど、スキルレベルが低いうちは、
自身を過小評価して、大きなリスクを取らないことです。

例えば、はっしゃんの場合は、
 現物取引
 成長株投資(上昇局面) 割安株投資(下降局面)
 集中投資
 長期投資
のようなリスク配分です。

現在は、成長株への集中投資でリスクをとりつつ、
現物取引での長期投資でヘッジしています。

長期投資では期間リスクはヘッジされますが、
どうしても景気変動の影響が大きくなります。

一般的に景気の拡大局面では、
リスクはリターンをもたらしますが、
後退局面では暴落と破滅をもたらします(笑)
ので注意が必要です。
 ・NYテロ
 ・リーマンショック
 ・東日本大震災
ちょっと前のことです。

はっしゃんが
・月次情報
・理論株価
などの企業分析を続けている理由は、
企業業績の変化を先取りしたり、
株価と業績の連動性を検証することで、
リスクを減らし勝率を上げるためです。

2012年末から始まったアベノミクス相場も5年経過。
上昇相場は歓喜・熱狂に変わりつつあります。
投資家としては喜ばしいことですが、
兜の緒は締めないといけませんね。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.12.02

【はっしゃん】理論株価から日経平均の今後を考える

はっしゃんです。

今日は理論株価から理論日経平均を算出して、
平均株価の妥当水準や上昇余地、下落余地について
考えてみます。


日経平均の計算

 225採用銘柄の株価を各銘柄の額面補正係数で割り、
 50円額面相当のみなし株価に補正。
 さらに、みなし株価の合計を除数(現在は26.950)で
 割って算出します。
  日経平均 22,819.03 (2017/12/02現在)

 同じ要領で株価を理論株価に置き換えると、
 理論日経平均株価を計算できます。

225_1
 【図1】225採用銘柄の理論株価(1)


理論日経平均の計算

 225採用銘柄の理論株価を額面補正係数で割って、
 50円額面相当のみなし理論株価に補正。
 さらに、みなし理論株価の合計を除数で割って算出します。
  理論日経平均 19,749.61/修正余地-13.45%
  株価診断 [適正]

 現在の日経平均は理論比-13.45%の修正余地がありますが、
 理論値の80%-120%は適正範囲となります。
 平均株価には、まだ上昇余地が十分あるとも言えます。

225_2
 【図2】225採用銘柄の理論株価(2)


理論上限日経平均の計算

 各銘柄の理論上限から理論株価と同様、
 上限日経平均を計算できます。
  上限日経平均 31,546.61/上限余地+38.25%
  この水準の株価診断 [割高]

 上限日経平均は、現在のファンダメンタルズでも、
 まだ38.25%の上限余地があることを示します。
 この水準を超えると、株価診断で[割高]となります。

 ちなみに、[超割高]の基準は理論上限2倍以上なので、
 63,093.22円になります。
 バブル期を遥かに超える水準です。(笑)
 ここに至るには、歴史的な好材料出現が必要でしょう。

225_3
 【図3】225採用銘柄の理論株価(3)


理論下限日経平均の計算

 同じく、各銘柄の資産価値(=理論下限)から
 下限日経平均を計算します。
  下限日経平均 7,977.60/下限余地-65.04%
  この水準の株価診断 [超割安]

 なんと、現在の水準から65%もの下落余地があります。
 ここ数年、上昇相場が続いていたので下落リスクについて、
 鈍感になっている方もいるかもしれませんが、
 投資家として当然に考慮しておくべき下値メドです。

 バブル崩壊、金融恐慌、大規模テロ、戦争、巨大地震など、
 この20年間に株価は何度も暴落してきました。
 現在もその可能性が存在していることはお分かりですよね。

225_4
 【図4】225採用銘柄の理論株価(4)


理論日経平均まとめ

 これから先のことは誰にも分かりませんが、
 理論株価からは、現在が適正水準であり、
 状況次第では8000円も、30,000円、60,000円もありうる
 と覚悟した上で相場に対峙すれば、
 結果も違ってくるかもしれませんね。(笑)

225_5
 【図5】225採用銘柄の理論株価(5)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

«成長の軌跡<7202>マクドナルド