2018.02.17

【はっしゃん】ドル円相場と長期投資

日本市場取引の6割は外国人投資家
と言われています。

われわれ日本人は円ベースで、
株価を見ていますが、
外国人投資家はそうではありません。
基軸通貨であるドルベースで
株価をみて投資判断しています。

例)ソニーのNYSEチャート。

Sne_5y

下のチャートは2000年12月以降の
日経平均とドル日経平均の比較です。
(月足終値ベース)
紺色が円ベースの日経平均。
紫色がドルベースの日経平均になります。

計算式は、
 ドル日経平均=日経平均/ドル円×100
です。

D225

今の為替相場は「強い円」ありき。
2003年の金融危機脱出以降、
「相場の上昇時は円安となり、
 下落時は円高となる」
という法則が維持されています。

チャートから紫色のドル日経平均の方が、
山が低く、谷も浅いのがわかりますが、
過去の暴落は「ドル円相場と連動」しています。

 * * *

ドル日経平均チャートの局面を
6つに分けて振り返ってみます。

1.2003年金融危機
 銀行の破綻や国有化、メガバンク救済など、
 バブル精算から日本売りとなった時期。
 「円安・株安」は、これが最後になり、
 円は、国際的に信用力の高い通貨の
 ポジションを取り戻します。

2.金融危機後の回復
 金融危機を脱出して、
 「円安・株安」から「円安・株高」に
 移行した回復局面。

3.リーマンショック
 サブプライム問題からドル売りが優勢となり、
 一気に「円高・株安」が進行した局面。

4.超円高不況
 リーマンショック後も「円高・株安」が続き
 株価も底這いを続けた局面。

5.アベノミクスによる回復
 アベノミクス以降、異次元緩和などにより、
 「円安・株高」に転換した局面。

6.チャイナショック+ブレグジットショック
 海外の波乱要因から、
 短期的に「円高・株安」となった局面。

7.2018年2月の暴落
 現在進行形で米国発の株価暴落から、(笑)
 ちょっとだけ円高・株安になった局面。

という感じです。

日本人には分かりにくいのですが、
ドルベースの外国人投資家にとっては、
株価下落(マイナス要素)と
円高(プラス要素)が同時進行するため、
円資産では暴落の衝撃が緩和されることなります。

この温度差は日本株への売り圧力となり、
短期的には、さらに日本株が売られる展開となります。

長期でみると、2018年2月の暴落は、
小さい予兆に過ぎないことが分かります。

2012年末から続いてきた上昇相場の
大転換点になるかもしれませんし、
2016年のような小さな踊り場かもしれません。
ただの短期調整かもしれません。

ただ、いったん為替相場の流れが変わると
しばらく続く傾向があるので、
引き続き注視しておく必要はあります。

 * * *

為替レートは長期金利と連動します。
金利が上がれば、その通貨は強くなり、
逆に下がると弱くなります。

例えば、リーマンショックでは、
アメリカのローン債権がデフォルトとなり、
金利を下げまくってドル安誘導した結果、
底なしの円高となりました。

一方の2018年2月暴落は、
アメリカの1月雇用統計が強い数字となり、
FRB議長が利上げ慎重派のイエレンから、
パウエルに替わったこともあり、
利上げ加速の思惑から債権金利が上昇し、
10年間上げ続けてきたアメリカ株の
大きめの調整につながったというものです。

米国金利が上昇するということは、
本来「ドル高・円安」なのですが、
株価が暴落しボラティリティが高まったことで、
一時的に「信用力の高い強い円への逃避」
が発生しました。

ここまではリーマンショックのような転換ではなく、
2016年のような一時的要因です。
FRBには利上げを急がないという選択肢もあり、
市場コントロールできる状態ですね。

とはいえ、火のないところに煙はたたず。(笑)
株価が高値圏にあったことは日米共通。
ここからの値動きは勉強になると思います。
投資家として1つの経験を積むチャンスです。

為替の変動リスクは、
長期投資に大きな影響を与えますので、
ドル円相場と個別株の投資戦略を
再確認しておきましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.02.16

【はっしゃん】週次PF概況2/16

はっしゃんです。

2/16時点のPF状況です。(速報値)
 金融資産:219,576,160
  前年比: +2.2%
  前月比: +2.5%

 PF
  CASH: 68,106,820(31.0%)
  株式: 151,469,340(69.0%)
   成長株2銘柄(56.8%)
   優待株22銘柄(12.2%)

Sisan2011

2/6の暴落から1週間が経過し、
PFは暴落前の水準を回復。
先週バーゲンでJCした銘柄も含み益。

ダウより円高が重しになっていますが、
米国金利が上昇傾向なのを考えると、
底なしの円高ではなさそうですね。

このまま調整終了なのか。
それとも暴落の第二波が来るか。
来週の動きにも注目です。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.02.10

【はっしゃん】株価暴落と長期投資

当たり前ですが、長期投資をしていると、
何度も株価暴落と遭遇します。(笑)

はっしゃんが長期投資を始めた2000年以降でも、
 2000年3月 ITバブル崩壊
 2001年9月 NYテロ
 2006年1月 ライブドアショック
 2007年2月 上海ショック
 2008年9月 リーマンショック
 2009年11月 ドバイショック
 2011年3月 東日本大震災
 2016年1月 チャイナショック
 2018年2月 VIXショック?
と、およそ2年に1回は暴落が発生しています。
年初と9月に多いのですが、これは謎。

下は2002年以降の日経平均に
主な暴落を赤ラインで重ねたものです。

Long225

ここしばらく暴落はありませんでしたが、
株式市場にはときどき暴落する習性がありますから、
投資にあたって暴落しても大丈夫なよう、
資金配分や銘柄選択を確認しておきましょう。

暴落の中で、はっしゃんが大きなダメージを
受けたのは東日本大震災ですが、
なんとか生き残ることはできました。

この暴落時に、どうしていたかというと、
特別なことはしていません。
損切りでは人並みにダメージも食らいました。(苦笑)

それでも生き残り、復活することができたのは、
退場しない程度のリスク管理が機能していたのと、
暴落からの回復が速い成長株を中心に
投資していたからだと思います。

退場しない程度のリスク管理(笑)
・キャッシュポジションは維持する
・レバレッジはかけない
・損切りはする

暴落で危なくなるということは、
自身の投資スキルに対して、
リスクを取りすぎているかもしれませんので、
リスク管理を見直してみましょう。

 * * *

次に、成長株と暴落の検証例として
30年連続で増収増益を続けるニトリの
15年チャートを見てみましょう。

Long9843

上の日経平均と比べてみてください。
暴落から早期回復してさらに上昇していますよね。
はっしゃんがニトリに投資していたわけではありませんが、
似たような成長株は他にもたくさんあります。

企業分析で好業績かつ割安な成長企業を探し出し、
成長が維持されているか業績チェック。
株価水準が妥当な限りは持ち続ける。

退場しない程度のリスク管理をしつつ、
よい企業にできるだけ長く投資することが、
結果として暴落耐性につながると思います。

株式市場は誰でも勝てる上昇相場ばかりではありません。
はっしゃん自身も、まだまだ勉強中ですが、
暴落への対処を含めて考えておくのは当然のこと。

暴落相場はリスク管理を見直すよい機会ですので、
投資スタイルを改めて考えるのも一考でしょう。
長期投資で暴落相場を生き残っていきましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.02.09

【はっしゃん】週次PF概況2/9


はっしゃんです。

2/9時点のPF状況です。(速報値)
 金融資産:213,559,980
  前年比: -0.6%
  前月比: -0.3%

 PF
  CASH: 68,106,820(31.9%)
  株式: 145,453,160(68.1%)
   成長株2銘柄(55.4%)
   優待株22銘柄(12.7%)

Sisan2011

今週は決算週でしたが、
日経平均が1939円も下げる
暴落週となりました。

資産推移はTOPIXとの比較。
持株も影響を受けましたが、
今のところは小幅な下げに、
とどまっています。
決算の影響は不明。

せっかくのバーゲンなので、
主力株2社を買い増したほか、
昨年末に手放した優待株も
一部を買い戻しました。

相場も来週には落ち着くでしょうか。
もっとも全体が反発しても
あまり動きそうではありませんが。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2018.02.03

【はっしゃん】アクアリウムと長期投資

さて、はっしゃんの趣味の1つに
アクアリウムがあります。

自宅リビングには160cm水槽を設置していて、
熱帯魚や水草が心を癒してくれます。

050710_214556

アクアリウムの楽しみ方は人それぞれ。
千変万化です。
・淡水と海水
・魚と水草
・単独飼育と多種飼育
・小型水槽と大型水槽
・鑑賞重視とブリード重視
など、いくつかの相反するファクターがあり、
選択によって水景も全く違います。

この多様性はニーズに基づくものですが、
それらに共通する基本は何かというと、
「水を維持する」
ということです。

水景を長く維持するために
いちばん大切なのは、
生き物や水槽用具ではなく、
水作りなんです。

熱帯魚や水草が生活できる
生きた水を作り、維持していくこと。
基本ができれば自分に合ったスタイルで
長期間、続けていくことができます。

水質は、その人の環境によって
全く違いますから、他の人の真似をしても
それで、うまくいくとは限りません。
理論ではなく、実践を重ねて、
自分で状況を分析し判断できる
ようにならないとダメなんです。

このような壁のあるアクアリウムでは、
初心者ほどペット屋さんのお世話になり、
生き物や高価な水槽用具に散財しますが、
自分で水を作り判断できるようになると、
道具や生き物は寿命を全うするようになり、
ペット屋さんとは疎遠になります。

逆にいうと、そのペット屋さんは、
初心者に道具や生き物を買わせて、
回転させることで食べているわけです。
永遠の初心者が最高の顧客。(笑)
アクアリウム業界のジレンマですね。

 * * *

さて、アクアリウムと株式投資は、
非常によく似ていると思います。

特に長期間の運用前提で考える長期投資は、
アクアリウムとの共通点が多いです。

株式投資の運用方法も人それぞれ。
千変万化です。
・長期投資と短期投資
・分散投資と集中投資
・割安株投資と成長株投資
・キャピタルゲインとインカムゲイン
・ファンダメンタルズとテクニカル
など、いくつかの相反するファクターがあり、
選択によって投資スタイルは全く違います。

この多様性はニーズに基づくものですが、
それらに共通する基本は何かというと、
「ルールを維持する」
ということです。

投資を長く続けるために
いちばん大切なのは、
情報やツールではなく、
ルール作りなんです。

自分の投資方針に合致した
生きたルールを作り、改善・維持していくこと。
基本ができれば自分に合ったスタイルで
長期間、続けていくことができます。

投資方針やスキルは、人によって
全く違いますから、他の人の真似をしても
それで、うまくいくとは限りません。
理論ではなく、実践を重ねて、
自分で状況を分析し判断できる
ようにならないとダメなんです。

このような壁のある株式投資では、
初心者ほど第三者さんのお世話になり、
胡散臭い情報で売買したり、高価なツールに散財しますが、
自分でルールを作り判断できるようになると、
情報やツールは自前で調達できるようになり、
第三者さんとは疎遠になります。

逆にいうと、その第三者さんは、
初心者に情報を与えたり、ツールを買わせて、
回転させることで食べているわけです。
永遠の初心者は最高の養分。(笑)

例え、ある分野の成功者であったとしても、
ルール作りができていなけば、
投資家として自立できていなければ優良な養分です。
投資業界のタブーですね。

アクアリウムでも株式投資でも
人に頼ることなく、自立できるようになって、
そこからがスタート地点です。

自分のことくらい自分で勉強して、
自分で考えて自分で決めましょうよ。(笑)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

«【はっしゃん】週次PF概況2/2