« 【はっしゃん】情報力 | トップページ | 【はっしゃん】ベンチャー投資論 »

2004.09.10

【はっしゃん】ベンチャースピリッツ

いきなり東証1部に上場する企業は少なく、
自ら起業したベンチャー企業の多くは、
ほとんどが店頭やマザーズなどの
新興市場からスタートします。

新興市場は、財務や業績が
不安定な企業が多い反面で、
活気に満ちた新しい企業が多く、
長期投資の対象として非常に魅力的です。

これらの玉石混合の市場で、
どの企業を選択するのかが長期投資家としての
腕の見せ所ですかね。
わたしは、経営者のビジョンや
ビジネスモデルの優位性で評価します。

多くの企業は、業績が順調に推移し、
利益が拡大していくと上場市場を変更していきます。
まずは、新興市場を卒業して東証2部へ。
急成長組のなかには、新興市場から
いきなり1部に上場するケースもあります。

昇格していく企業は、業績も順調で成長性もあるので
株価も上がっている場合が多いと思います。
投資家にとっても、投資先企業が昇格することは、
選択が正しいことが証明されたことでもあります。

長期投資の求める成果は、株価ではありません。
企業が見込み通り成長しているかどうかが重要であり、
株価というのは、後からついてくるものなんです。

例えば、新興市場から2部に昇格した企業は、
すでに、第一段階の昇格を果たしてますので、
いずれは再昇格を狙えるところも多く存在します。
このような企業の経営方針は、要注目ですよ。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】情報力 | トップページ | 【はっしゃん】ベンチャー投資論 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/1405496

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】ベンチャースピリッツ:

» 一部昇格候補 [未来の投資家を目指して]
akiarusaは8902のパシフィックを11月決算の1部昇格期待銘柄として注目しておりますが、今日いろんなBlogでほかの銘柄の1部昇格候補銘柄に関するコメン... [続きを読む]

受信: 2004.09.12 15:37

« 【はっしゃん】情報力 | トップページ | 【はっしゃん】ベンチャー投資論 »