« 【はっしゃん】証券マンとの会話 | トップページ | 【はっしゃん】アップルの野望その1 »

2004.11.14

【はっしゃん】ネット小売業

今日はネット小売業について。

さて、ネットバブルの頃は、
ネットビジネスによる脅威が声高に叫ばれ、
関連銘柄が上昇する反面で
既存業者は大きく売られていました。

さすがに今となってはネット企業なら
何でも買いなどという人はいません。
もちろん、理由はネットバブルの崩壊ではなく、
ネットのビジネスモデルが研究されて
正当な評価をされるようになったからです。

では、ネット小売業を考えてみましょう。
いわゆるネット通販には、
・ネットを通じ全国区でビジネスできる
・店舗を持つ必要がない
・小資本でスタートできる
という特徴がありますが、

同じように、
・顧客がネット利用者に限定される
・倉庫と配送設備は必要
・参入障壁が低い
という欠点があります。

従って、既製品を売るだけのビジネスでは、
・ネットを通じて新規顧客を開拓できる。
・店舗在庫を流用できる
・すぐに始められる
ということで、既存業者のネット参入が
進んでしまいました。

よく考えると分かると思いますが、
本などのネット通販では、
本来は、既存業者が圧倒的に有利です。

結局、ネット通販で成功するためには、
既存業者には真似できないような
絶対的な強みが必要となります。

それは、おおむね
・品揃え、評価情報、検索機能などサービスの優位性
・他社に真似できない注文生産型の商品の提供
・既存業者が扱いにくいニッチ商品への特化
・チケット、宿泊などのサービス商品の取り扱い
・在庫不要なデジタルコンテンツの提供
のようなものになるでしょう。

どのネット企業がどのタイプかは、
わかる人には分かりますよね。
ネット小売業は研究してみると面白いですよ。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】証券マンとの会話 | トップページ | 【はっしゃん】アップルの野望その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/1959198

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】ネット小売業:

« 【はっしゃん】証券マンとの会話 | トップページ | 【はっしゃん】アップルの野望その1 »