« 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その2 | トップページ | 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その4 »

2004.12.16

【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その3

今日はアップル編の続きで
ライバル企業についてです。

さて、アップルの成功を
横目で見ながら
「見事にしてやられた」
と地団駄を踏んでいるのは、
ソニーとマイクロソフトでしょう。

音楽業界の前王者と
パソコンOSの覇者は、
アップルよりもはるかに
有利な位置にありながら、
まんまと勝機を逸して
しまいました。

マイクロソフトは、
その力を利用してWindowsの全てに
Windows Media Playerを
搭載していました。

しかし、Windows Media Playerは
今まで他ソフトで出来ていたことを
OSに組み込んだだけでしたので、
それだけでは、何かが足りなかったのです。

ソニーも強力でした。
当時の日本でトップシェアの
パソコンブランドVAIOに
Sonic Stage(旧名:OPENMG-JUKEBOX)を搭載し、
傘下のソニーミュージックを中心に
音楽配信システムまで作り上げました。

さらには、パソコンでのMP3作成を
妨害するために、自ら規格提案したCDを捨て、
CCCDという業界エゴ丸出しな規格に
音楽業界を誘導したのです。

マイクロソフトやソニーは、
次世代の音楽業界を支配するために
何億円もの経費を注ぎ込んだことでしょう。

彼らが提案した著作権管理のシステムは、
彼らのお金儲けには、都合のよいものでしたが、
MP3やファイル交換ソフトの利便性を
大きく後退させる全く使えないものでした。

アップルが3年前にiPodという
小さな携帯型オーディオを発売したとき、
一部のファンは熱狂しましたが、
音楽業界は、実に冷ややかでした。

アップルの成功と
マイクロソフトやソニーの失敗は、
既得権益を持つ企業の限界を
暗示しているようにも思えます。

マイクロソフトやソニーは、
勝者であるがゆえに、
インフラやコンテンツで
利益を上げることにこだわりましたが、
デジタル音楽の利便性を向上させるための
新しい提案は、何一つしていません。

アップルは挑戦者であるがゆえに、
インフラやコンテンツを利用して、
ハードウェアで利益を上げるしか
選択肢がなかったのかもしれません。

それでも、アップルは、
マイクロソフトやソニーよりも
確かに、ユーザーサイドにありました。
デジタル音楽ユーザーのひとりとして
「アップルの勝利に祝杯」
を上げたいと思います。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その2 | トップページ | 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/2286987

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その3:

« 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その2 | トップページ | 【はっしゃん】アップルvsソニー音楽配信の勝者その4 »