« 【はっしゃん】投資の才能 | トップページ | 【はっしゃん】株価チャート分析のすすめ »

2005.04.13

【はっしゃん】iTMS日本版は成功するか?

相互リンクをさせていただいている
成長株で億万長者さんのところに
とても興味深い記事がありましたので、
トラックバックしてみたいと思います。

テーマは、iTunes Music Store日本語版は
成功するか?です。

少し前、iPod shuffleの発売のとき
アップルのマーケティング担当者が
消費者の利便性指向とバリュー指向の
2つのポイントでその優位性を
説明していました。

成功するサービス、商品は、
利便性もしくは、バリュー性に
秀でている必要があるのだそうです。

ここでは、この利便性とバリュー性の
2つのポイントからiTMS日本版を
否定してみたいと思います。(笑)

まずは、利便性。
いまのところiPodとiTunesは、
マックもしくは、Windows2000かXP以降の
パソコンを必要としています。
さらにiTMSには決済手段も必要となります。

ケータイですぐに購入し、そのまま視聴ができる
着うたフルと比べると音楽配信サービスとしては
決して利便性がよいとはいえません。

ポケットに入れるアイテムのうち
ケータイとiPodのどちらか1つ選ぶとしたら、
ケータイだと思いませんか?

iTMS対応ケータイという動きもあるようですが、(笑)
ケータイはその利便性でライトユーザーを
確実に獲得するでしょう。

次にバリュー性ですが、
アメリカでのiTMS価格は
1曲99セント。アルバム9.99ドル。

日本の音楽配信サービスはさらに高価で、
CDなどの既存メディアより割高といわざる得ません。
仮にアメリカの価格でサービスが実現できたとしても
日本には、より安価で気軽に利用できる
CDレンタル店が広く普及しています。

レンタル店ではアルバム1枚2〜300円で
CD音質が手に入ります。
低価格志向の強いレンタル利用ユーザーを
振り向かせるためには、少なくとも
競合する価格帯で勝負をする必要がありますが、
さすがに、そこまでの値下げは難しいでしょう。

つまり、日本におけるiTMSは、
現時点でも利便性とバリュー性の両面で
既存のサービスより劣っていることになります。

今の動向を見ていると音楽業界は
CDシングルの利権は音楽配信サイドに分配し、
アルバム利権を既存流通で確保するようです。
現時点で、これは無難な選択でしょうが、
いつまで続くかなとは思います。(笑)

アメリカで成功したビジネスが
日本で失敗することは、よくあることです。
逆もありですけどね。

ここまでの音楽配信の記事を読まれた方は、
真の結論について、
お分かりだと思いますけど
あえて、iTMS日本版の失敗を
予言しておきましょう。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】投資の才能 | トップページ | 【はっしゃん】株価チャート分析のすすめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/3691378

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】iTMS日本版は成功するか?:

« 【はっしゃん】投資の才能 | トップページ | 【はっしゃん】株価チャート分析のすすめ »