« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.25

【はっしゃん】小売業界の業界分布2

小売業界の業界分布編2回目です。
前回と同じ分布図を再掲します。

kouri_gyokai_1

kouri_gyokai_2

横軸はどちらのグラフも同じです。
上のグラフからは、経常利益と時価総額には、
明らかな比例関係があることが分かります。

では、下のグラフはどうでしょうか?
横軸となる時価総額はそのままで、
縦軸の経常利益を売上高に変更したものです。

この売上高と時価総額のグラフには、
経常利益と時価総額のような
比例関係がないことがわかると思います。

具体的には、
 家電量販・PC
 食品スーパー
 ホームセンター・家具
 ドラッグストア
の4業界は利益率が低い業界のため、
売上高が大きくても時価総額は高くありません。

これらの業界は、元来ディスカウンター
として存在しているわけですから、
薄利多売が前提となっています。

大規模店を作って仕入販売するだけの
極めてシンプルなビジネスモデルです。

逆に、製造小売りというビジネスモデルで、
収益構造を転換させたカジュアル衣料品業界や、
フランチャイズ型チェーンストアとして
高い収益力をほこるコンビニ・中食業界は、
利益相応の高い評価を受けています。

つまり、売上規模をどれだけ増やしても
利益が上がらなければ市場からは評価されない。
ということが確認できるわけです。

売上と利益の関係は、小売業投資のすすめ
の記事で簡単に説明していますが、
小売業の場合は、売上、粗利、販管費
の3要素でほぼ決まりますから、
粗利と販管費は、売上と同じくらい
重要な情報だと理解しておいてください。

なお、利益率の低い業界と高い業界の
投資妙味は原則として同じです。
小売業の場合は利益率の高低にかかわらず
規模が2倍になるとすれば、
売上や利益の期待値も2倍なります。
利益変化率(増益率)はどちらも同じなので、
時価総額(株価)への影響も同じというわけです。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.22

【はっしゃん】小売業界の業界分布1

今日は、小売業界を各業界単位で集計して
規模や評価を確認してみたいと思います。

まずは、下のグラフを見てください。

kouri_gyokai_1

このグラフは、同業他社比較シリーズで
これまで紹介してきた銘柄を
業界単位でまとめて集計したものです。

わかりやすいように縦軸に経常利益、
横軸に時価総額をとって
業界単位に集計して分布させています。

 注)ホームセンターと家電量販は、2軸ともほぼ同じなので重なっています。

各業界が赤のラインを中心に
分布しているのがわかると思いますが、
このグラフで時価総額は経常利益に
おおむね比例していることが確認できます。

細かくいえば、カジュアル衣料品業界は、
時価総額がやや高めになっていて、
食品スーパーは低めになっているわけですが、
統計的なレベルでは同じと考えてよいと思います。

業界における時価総額と経常利益の関係は、
個別銘柄における株価と一株利益(EPS)
の関係と相対的に同じものです。

時価総額を発行株数で割ったものが株価で、
経常利益から法人税などを除した純利益を
発行株数で割ったものがEPSだからです。

つまり、業績が拡大して利益が増えれば、
時価総額(つまり株価)も上がるというわけで、
小売業内での業界格差にこだわらず、
とにかく成長株を探せばいいということです。

そして、その成長株というのは、
 成長株=EPSの上昇が見込める株
ということになるわけです。

例えば、PERが20倍だとすると、
 株価=PER×EPS
なので、EPSが20円だと株価は400円。
EPSが30円になれば600円になります。

これは、上グラフの経常利益と
時価総額の関係でも証明されています。

さて、最後に下のグラフをみてください。

kouri_gyokai_2

このグラフは、前のグラフの縦軸を
経常利益から売上高に変更したものです。
さて、この分布状況をどう読みますか?

売上市場主義がナンセンスであることが
見事に証明されています。
詳細は、次回にしたいと思います。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »