« 【はっしゃん】小売業界の業界分布1 | トップページ | 【はっしゃん】株式投資とストレスの関係 »

2005.09.25

【はっしゃん】小売業界の業界分布2

小売業界の業界分布編2回目です。
前回と同じ分布図を再掲します。

kouri_gyokai_1

kouri_gyokai_2

横軸はどちらのグラフも同じです。
上のグラフからは、経常利益と時価総額には、
明らかな比例関係があることが分かります。

では、下のグラフはどうでしょうか?
横軸となる時価総額はそのままで、
縦軸の経常利益を売上高に変更したものです。

この売上高と時価総額のグラフには、
経常利益と時価総額のような
比例関係がないことがわかると思います。

具体的には、
 家電量販・PC
 食品スーパー
 ホームセンター・家具
 ドラッグストア
の4業界は利益率が低い業界のため、
売上高が大きくても時価総額は高くありません。

これらの業界は、元来ディスカウンター
として存在しているわけですから、
薄利多売が前提となっています。

大規模店を作って仕入販売するだけの
極めてシンプルなビジネスモデルです。

逆に、製造小売りというビジネスモデルで、
収益構造を転換させたカジュアル衣料品業界や、
フランチャイズ型チェーンストアとして
高い収益力をほこるコンビニ・中食業界は、
利益相応の高い評価を受けています。

つまり、売上規模をどれだけ増やしても
利益が上がらなければ市場からは評価されない。
ということが確認できるわけです。

売上と利益の関係は、小売業投資のすすめ
の記事で簡単に説明していますが、
小売業の場合は、売上、粗利、販管費
の3要素でほぼ決まりますから、
粗利と販管費は、売上と同じくらい
重要な情報だと理解しておいてください。

なお、利益率の低い業界と高い業界の
投資妙味は原則として同じです。
小売業の場合は利益率の高低にかかわらず
規模が2倍になるとすれば、
売上や利益の期待値も2倍なります。
利益変化率(増益率)はどちらも同じなので、
時価総額(株価)への影響も同じというわけです。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】小売業界の業界分布1 | トップページ | 【はっしゃん】株式投資とストレスの関係 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/6107331

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】小売業界の業界分布2:

« 【はっしゃん】小売業界の業界分布1 | トップページ | 【はっしゃん】株式投資とストレスの関係 »