« 【はっしゃん】オンリーワン企業の買い方 | トップページ | 【はっしゃん】長期投資の心構え2 »

2005.10.30

【はっしゃん】長期投資の心構え

今日は長期投資の心構えについて
書いてみたいと思います。

長期保有の持株がいきなり
下方修正を発表して、
赤字に転落してしまいました。
株価は売り気配スタート。

さて、どうする?

こういう状況になってしまったら
もう負けを認めるしかないです。
わたしなら、全株投げ売りです。

敗因は、
・下方修正を予測できなかったこと
に尽きます。

少なくとも月次情報を公開している
企業に投資をしていれば、
下方修正や赤字決算を
見抜けないはずはないと思います。

通常、業績未達の要因のほとんどは、
売上の低迷によるものだからです。
粗利が販管費を下回れば赤字です。

逆に、M&Aや時価会計導入による
特別損失による赤字のケースは、
全く気にする必要はありません。
本業である経常利益が黒字なら
株価への影響は軽微です。

赤字の要因としては販管費比率の悪化を
上げるケースがよくありますが、
分子である販管費は固定であり、
分母である売上が不振だから
販管費比率が悪化するだけのことです。

 販管費比率=販管費÷売上

小売業でありがちなパターンとしては、
無計画な出店で店舗を増やしたものの、
自社や他社の店舗と競合が発生してしまい
販管費の伸びを売上増加で吸収しきれなく
なってしまうというケースです。

月次情報で売上や出店状況をチェックし、
四半期決算で粗利や販管費を精査すれば、
このような状況は予測可能です。

では、実際に赤字や下方修正に
なりそうだったら、どうしたらいいのか?
ここが、業績分析に基づく長期投資の
最大のメリットだと思うのですが、
いくらでもあるんですよ、考える時間が。

業績不振が一時的なものなのか、
来期以降は回復する見込みがあるのか。
同業他社との力関係に変化はないのか。
中期計画への影響はあるのか。
ファイナンス計画に変更があるか。
などなど、納得いくまで分析して、
自分なりの結論を出すことができるんです。

たとえ下方修正でも赤字でも
あらかじめ想定されたことなら、
売り気配スタートでも
冷静に見守ることができますよ。
覚悟ができていればね。

朝刊を見たら赤字転落となっていて、
株価は、売り気配スタート。
こうなってしまっては、正常な判断なんて、
できっこないんですよ。

わたしは、大事な投資資金に
そのようなリスクは取れないですね。
だから、長期枠の投資先を
月次情報を公開している
小売業に限定しているのです。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】オンリーワン企業の買い方 | トップページ | 【はっしゃん】長期投資の心構え2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/6753575

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】長期投資の心構え:

« 【はっしゃん】オンリーワン企業の買い方 | トップページ | 【はっしゃん】長期投資の心構え2 »