« 【はっしゃん】EPSとPERと成長率の関係 | トップページ | 【はっしゃん】店舗面積と大店立地法 »

2005.11.29

【はっしゃん】スロー・イズ・ベター

今日はスロートレードについて。
トップのブログ説明を
ちょっと変えてみました。

 科学的な根拠に基づいて
 株式投資における不確実性を
 極力排除することで、
 ストレスのかからない
 「スロートレード」を
 追求・実践します。

と、抽象的な表現にしていますが、
スロートレードの最大の特徴は、
「ストレスにならない株式投資」
ということです。

ストレスの要因とは何か?というと、
・目標やノルマ
・株式投資の不確実性
になると思います。

というわけで、【はっしゃん】式
スロートレードは、
1.目標やノルマは設定しません。
2.不確実性を排除することを追求します。
の2つを原則とします。

そりゃまあ、1億円とかの
マイルストーンはあるでしょうけど、
通過点としてあるだけですし、
無理して通らなくてもいいと思います。
ストレス要因になるくらなら、
やめた方がマシです。

次のポイントが不確実性の排除です。
具体的には、
・株価の不確実性
・企業業績の不確実性
の2点になると思います。

株価の不確実性を排除するためには、
株価が予測しやすい銘柄を選んで
投資すればいいだけです。

わたしは、企業業績の拡大に比例して
株価が変動する銘柄(割安成長株)
に限定して長期スタイルで投資する
ことにしています。

次に企業業績の不確実性です。
株価も企業業績が前提になりますが、
この不確実性だけは避けることができません。
したがって、この問題の解決を
企業IRの透明性に求めています。

つまり、企業業績の不確実性を
排除するために、
「月次情報を公開している企業」
に投資先を限定しています。

少なくとも月1回業績をチェック
することで、リスクを大幅に
低減することができています。

この2つの要素で絞り込むと、
「月次情報を公開している
 割安成長株への長期投資」
という、はっしゃん流の
銘柄選びに辿り着くわけです。

と、ここまでが方法論ですが、
スロートレードの良さは、
技術論だけでは説明が難しいんです。

分かりやすく言うと
「ハラハラ・ドキドキ」
しないんです。

確実性が極めて高いので、
どちらかというと、
預金の方に近い感覚です。

ストレスのない状態。
これに価値を認められる方には、
スロートレードをオススメします。

スローを美とする以上、
求めるところはお金ではなく
精神的な豊かさですからね。

ようするに、技術論ではなく
精神論なんだと思います。

投資パフォーンスの追求ではなく、
ストレスのかからない方法で
自分なりのベターを見つける。

のんびりマイペースで
トレードをしてみませんか?

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】EPSとPERと成長率の関係 | トップページ | 【はっしゃん】店舗面積と大店立地法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/7369535

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】スロー・イズ・ベター:

« 【はっしゃん】EPSとPERと成長率の関係 | トップページ | 【はっしゃん】店舗面積と大店立地法 »