« 【はっしゃん】植物は夜に成長する | トップページ | 【はっしゃん】強者の戦略と弱者の戦略 »

2005.12.22

【はっしゃん】銘柄コードと企業年齢

今日は小売業の銘柄コードから
企業年齢を判別する方法について
書いてみたいと思います。

小売業の銘柄コードは、
一部の例外を除いて
ほとんど下記の番号が
割り当てられています。

8100番台
 8160 木曽路~8198 MV東海
8200番台
 8200 リンガハット~8298 ファミリー
9800番台
 9817 ゴトー~9899 サンデサン
9900番台
 9817 サガミ~9997 ベルーナ
7400番台
 7412 アトム~7498 ジャパン
7500番台
 7506 ハウスローゼ~7598 ナイスクラ
7600番台
 7601 ポプラ~7649 スギ薬局
2600番台
 2651 ローソン~2698 キャンドゥ
2700番台
 2702 マクドナルド~2798 Ysテーブル
3300番台
 3310 JIMOS~3391 ツルハHD

実は、上の並び順で、
上ほど古い企業、下ほど新しい企業
になっています。
(一部に例外もあります。)

銘柄コードと上場年月日の関係を
具体的に書いてみると

8100番台(~1985年10月)
8200番台(1985年10月~)
9800番台(1990年12月~)
9900番台(1991年9月~)
7400番台(1994年10月~)
7500番台(1996年6月~)
7600番台(1998年12月~)
2600番台(2000年7月~)
2700番台(2001年7月~)
3300番台(2004年3月~)

となっています。

さて、わたしは割安成長株への
長期投資スタイルを採っているので、
投資対象は、成長余力のある
新しい企業が中心になっています。

トップカルチャーに投資した
3年前(2002年)には、投資対象は
7000番台が中心だったのですが、
世の中の変化は早いですね。

特に意識しているわけではないのですが、
最近では、直近上場組の2700番台や
3300番台をターゲットとすることが
多くなってきました。

2769 ヴィレッジV
3338 99プラス
3350 ダイキサウンド
3385 薬王堂

などのはっしゃん銘柄です。

企業によって遅咲き・早咲きの
違いはあると思いますが、
こうしてみると、旬となる成長期は、
上場してから5年くらいまで。
遅くとも10年までかなと思います。

今なら、

3000番台は、少年期。
2000番台は、青年期。
7000番台は、おやじ。
9000番台は、シニア。
8000番台は、化石(死語)。

というふうに覚えておくと(笑)
銘柄コードを見ただけで、
投資対象となりうるかを
判断できますよ。(小売業のみですが。)

投資家の立場で言えば、
成長株の5年は有意義ですが、
成長しない株の5年は、
ほとんど意味がないですからね。

こういう考え方もあるということで、
ご参考になれば幸いです。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】植物は夜に成長する | トップページ | 【はっしゃん】強者の戦略と弱者の戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25608/7769952

この記事へのトラックバック一覧です: 【はっしゃん】銘柄コードと企業年齢:

« 【はっしゃん】植物は夜に成長する | トップページ | 【はっしゃん】強者の戦略と弱者の戦略 »