« 【はっしゃん】強者の戦略と弱者の戦略4 | トップページ | 【はっしゃん】誰でも勝てる相場 »

2006.01.30

【はっしゃん】経常利益と時価総額と成長率

ライブドア事件以降、
精神論ばかりだったので
久しぶりに技術論を
展開してみましょう。(笑)

【はっしゃん】が集中投資している
薬王堂が属するドラッグストア業界
を取り上げてみます。

早速ですが、下の表をみてください。
ドラッグストア業界の全銘柄を
今日の株価で計算した時価総額で
上位からソートしています。

060130_drag1

また、各銘柄の2期予想
(今期予想、来期予想)
を四季報から参照して、
その平均値を計算しています。

(2772 ゲンキーについては
 先日の下方修正を反映して
 独自に予想を修正しています。)

この表を分析してみると
「重要な事実」が分かりますが、
ちょっと分かりにくいと思うので
グラフ化してみます。

060130_drag2

060130_drag3

上図は全銘柄のグラフ。
下図は、上グラフでは分かりにくい
時価総額下位のグラフです。

縦軸には時価総額。
横軸は2期予想を平均化した
予想経常利益になっています。

説明するまでもなく、
経常利益と時価総額に
明らかな比例関係が
あることが分かると思います。

株価は将来の業績を織り込む
と言われていますけど、
このように集計すれば、
「予想経常利益と時価総額」
の比例関係は証明できます。

ただし、一部に例外が存在します。
上位企業では、
 9989 サンドラッグ
 7649 スギ薬局
下位では、
 3349 コスモス薬品
 2717 ウェルシア
の4社が該当すると思います。

これら4社は予想経常利益に比べて
明らかに割高な水準まで
時価総額が評価されていますから、
その理由を科学的に証明できなければ、
投資対象から外した方がよいでしょう。

実は説明できなくもないですが、
ここでは関係ないので省略します。(笑)
例外企業を除いてしまえば、
後はもう簡単ですよね。

経常利益に比例して
時価総額(つまり株価)が
増えていくことが証明
されているわけですから、
残りの企業のなかから
これから経常利益が増えそうな
成長企業を選べばいいだけです。

単純にいえば、市場の期待する
予想経常利益が2倍になれば、
時価総額も2倍になりますから、
例えば、20%成長の企業の場合は、
 1年後 120%
 2年後 144%
 3年後 173%
 4年後 207%
となり、少なくとも4年後には
2倍になることが期待できます。

【はっしゃん】的には、
これらの条件で絞り込んで
この業界では薬王堂が一番!(笑)
だと思っているので、
薬王堂に集中投資をしていますが、
どこを評価して買うかは、
人によって全く違いますから、
安易なパクり投資は、
ダメなんじゃないかと思います。

例えば、【はっしゃん】の
株式資産は現在、約7000万円です。
つまり、20%成長企業に投資して
放置プレイをしていれば、
4年後には1億4000万円。
8年後には2億8000万円に
なることが期待できます。

わたしは、このパフォーマンスを
投資基準にしているので
これを達成する手段として
もっともリスクが低いと思われる
低PERの月次情報公開企業を
メインターゲットにしています。

月次情報で進捗率を確認して
長期的に20%の成長シナリオさえ
維持できれば、それで十分です。

まあ薬王堂は、もう少し期待
できると思いますが。(笑)

4年で2倍ではダメだという人は(笑)
例えば、30%成長企業に投資すると
3年で2.2倍になります。
もちろん、30%成長企業は、
20%成長企業よりもリスクが高く
投資難易度も高くなります。

このような成長株投資の
ノウハウについては、
「はっしゃん式長期株投資」
で詳しく解説していますし(笑)、
他の優秀な成長株投資家の
ブログでも勉強できると思います。

ともかく、予想経常利益と
時価総額は比例しますので、
・成長力のある銘柄を選択すること
・できるだけ長く保有すること
の2点が重要だと思います。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】強者の戦略と弱者の戦略4 | トップページ | 【はっしゃん】誰でも勝てる相場 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。