« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.17

【はっしゃん】下げ相場の思い出

日経平均が12000円から
7000円台まで暴落したのは、
わずか3年前のことだよね。
すっかり忘れてました。(笑)

倒産が続出してマジでヤバかった。
みずほHDを50万あたりから
ずっと逆バリで付いていったけど、
10万切ってあきらめた。
結局5万まで下げた。

ハズレを引けば本当に終わり
という相場だったね。

 * * *

その前はITバブルがあった。
わたしは、これに乗らずに
オールド株でお茶を濁しました。(笑)

あの頃、住友不動産は200円台
だったけど、今は2500円。
いったいあの頃とどう違うんだろう?

ITバブルが崩壊してからは動きました。
逆バリは好きなんです。
楽天は2002年1月9日に61万円で買った。
底値ですな。今なら6000円かな。
5分勝ちでスグ売ってしまったけど。
持っていれば15倍なのに。(苦笑)

1600万から落ちていったMTIに
20万あたりから食いついたけど、
15万であきらめた。
結局、4万で底入れした。

 * * *

9.11のNYテロの時は
ソフトバンクとコンビの2社に
集中投資していた。

あのときは、値幅制限が半分になって、
ほとんどストップ安になった。
ソフトバンクは当日いったん
値がついたが油断していて売れず、
次の日にストップで損切りしたかな。

その後、旅行会社のHISに
全額ブチ込んだけど、
長期保有はできなかった。
底値だったんですけどね。(苦笑)

 * * *

今回はライブドア事件が
引き金になって下げているけど、
信用バブル崩壊相場とでも
呼べばいいのかな。

相場のリターンというのは、
常にリスクと背中合わせ
ということは、分かっておいてほしい。

退路も確保せずリスクを取るのは
匹夫の勇でしかない。

ちなみに、ITバブル崩壊後
わたしが楽天を買ったとき
PERは1桁(たしか7~8倍)だった。
ITバブルのスター株でも
そこまで売られたんだね。

だからPERを拠り所にして
落ちるナイフを掴むのは
バカだと思う。PBRでも同じ。

トップカルチャーなんて3年前は
 PER5倍。
 PBR0.7倍。
 配当利回り2.5%。
まで売られていた。

高速道路と一般道はルールが違う。
トロトロ運転していると危ないよね。
初心者マークが一般道のルールで
行くところじゃないんです。

下げ相場には理由なんてない。
需給の整理が付くまで終わらないんだから。

地面があると思ったところに
ないから、崩壊と呼ばれる。

 * * *

さて、わたしの持株も多少は下げているが、
被害は事実上ゼロに等しい。
理由は、ほとんどリスクを
取っていなかったから。

もちろん今後の成り行き次第では
安全圏ではないかもしれないが、(笑)
時間を見方に付けておけば、
全く心配はいらない。

昨年来の上昇相場の恩恵は
あまり受けられなかったかもしれないが、
1年で資産を何倍にもしようとは
思わないので、これで十分。

ストレスにならない方法で
ゆっくりと着実に増やせれば、
それ以上は望まない。

急いで高速道路を走る必要はない。
ゆっくり安全運転してもゴールには着く。

これが、回り道をして辿り着いた
スロートレードという結論なんです。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.02.15

【はっしゃん】誰でも勝てる相場

ライブドアショック以降、
相場は転換点となった可能性が
強そうですね。

下げトレンドになるとは、
思っていませんが、
「誰でも勝てる相場」は
とりあえず終わったと思います。

060215_nikkei

日経平均の月足チャートです。
これだけ短期間で上昇したわけですし、
調整があるのは当たり前でしょう。

ここ1年で大きく資産を増やした方は、
考えてみる価値があると思います。
「勝ち逃げ」っていうのは、
最高の選択肢だと思うんですよ。(大笑)

勝てるときだけ参加すれば、
それでいいんですから。
「誰でも勝てない相場」には
参加しないことです。

甲子園の頂点に立つ高校は
たったの1校しかありません。

みんなが1億円になるまで
相場を続けるとすると、
99.9%は負け組になると思いますね。

相場を長く続ければ、投資成績は
実力に比例するだけです。

戦後、日本が右肩上がりの経済成長を
何十年も続けてきましたけど、
あなたの周りに株長者って何人います?

自分の持株が、株価の上昇に見合った
企業価値を保持できているのか。
答えを出すのは市場なんですから。

退場だけはしないように
気をつけてくださいね。

ありがたいことです。

記事中のチャートは明日香を利用しています。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »