« 【はっしゃん】生態系ピラミッド | トップページ | 【はっしゃん】長期投資とマイルストーン »

2006.03.26

【はっしゃん】仕事と株式投資

今日は「仕事と長期投資」について
個人的な経験から書いてみたいと思います。

さて、みなさんは給与収入を
2つ以上に分散していますか?

マネーマネジメントの大黒柱は、
仕事の給与収入によるキャッシュイン。

ここで、多くの人は分散ではなく、
リスクのある集中を選択している
ことと思います。

理由は、給与収入の高低が、
業務スキルの難易度に比例しており、
ひとつの仕事に集中・継続した方が、
業務スキルを向上させやすい
という点にあります。

給与収入もスペシャリストや
エキスパートの方が高収入となり、
誰でもできる仕事は低賃金だから、
集中した方が得ということです。

学生が頑張って勉強するのも、
ベーススキルを身につけるためですね。

大切なことは自分がどれだけの
業務スキルを持っていて、
どれだけ社会に貢献できるか。
社会から必要とされているか。
ということになります。

だから給与収入を増やそうとすれば、
業務スキルの向上にこだわり、
必要とされる人間になることです。

お金の方が目的になってしまっては、
本末転倒で難しいでしょう。

 * * *

残念ながら、はっしゃんも含めて(笑)
現実には、お金のために、
働いている人も多いと思います。

好きで仕事をしている人は幸福でしょうが、
家族のためとか、夢のためとか、
言い換えてモチベーションを
維持している人も多いかと思います。

その中にあって株式投資は給与収入を補完し、
家族の幸福や夢の実現に、
別の角度から大きな役割を果たしてくれます。

でも実は、投資の世界でも、
仕事と同じことが言えると思います。
しょせん、お金を増やすための世界ですが、
最初からお金が目的になってしまっては、
ちょっと難しいんです。

投資の世界で成功するために必要な、
「投資スキル」もまた、分散ではなく
集中しなければなりません。

成功にするためには幅広い知識より、
情報を取捨選択して得意分野に集中し、
スキルを高めることが重要だと思います。

仕事にしろ投資にしろ
求める結果は、
 スキル×運×時間
という方程式で出てきます。

運を掴むためにはスキルを向上させ、
得意分野に時間を集中した方が、
成功しやすくなるというわけです。

プロと素人が同じ土俵で勝負する
弱肉強食の超実力社会ですから当然です。(笑)
実力があれば成り上がれますが、
仕事の世界ほど甘くはないです。

 * * *

株式、FX、仮想通貨・・・
投資にも様々な選択肢があると思いますが、
リスクとリターン、仕事とのバランス、
自分の性格や資金量などを考慮して
自分に合った道を選びましょう。

投資方法、考え方などは選択肢によって
180度違いますので、
注意する必要があります。

例えば、短期投資は場中取引が基本ですから、
ザラ場の見えない人はそれだけで不利になります。
兼業投資家は辞めた方がよい選択肢です。

同じく、配当投資は複利運用が基本ですから、
元本が少ない人には向いていません。
同じ時間をかけるなら働いた方がましですので、
まず元本を増やすことから始めましょう。

はっしゃんはファンダメンタルズに基づく
株式の長期投資という分野に特化しています。
もう20年近くになりますが、
勉強と時間と我慢が必要です。(笑)

個人的な経験からいえば、
まず本業である給与収入を増やすこと。
つまり、1つのスキルについて
ある程度のレベルまで極めておくことが、
別の道、例えば株式投資においても
成功の近道となると思います。

 * * *

なお、はっしゃんは、昨年転職し、
年収が半分になりました。

まだまだ投資家としても半人前で、
リタイアするほどの余裕はありませんが、
給与と投資のバランスを考慮し、
給与収入を減らす選択をしました。

給与半減の代償で手に入れたものは・・・

自分の時間
・19時から家族で食事ができる時間
・毎晩5kmのジョグができる時間
・投資のブログ、tweetができる時間
・企業分析、プログラミングできる時間

その結果
・夫婦円満、家族円満になった
・高血圧、脂肪肝、腎機能障害が完治し、
 健康診断が10年ぶりに異常なしになった
・数年ぶりにフルマラソンの
 自己ベストを更新できた
・twitterのフォロワー数が
 20人から3000人に増えた
・金融資産が2億円を突破した

土日出勤もある職場ですが、(笑)
とりあえず転職成功だと思います。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】生態系ピラミッド | トップページ | 【はっしゃん】長期投資とマイルストーン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。