« 【はっしゃん】アホールドと安全圏 | トップページ | 【はっしゃん】資産運用は収入で決まる »

2006.04.26

【はっしゃん】業績予想と株価予想

企業分析に基づく株式投資では、
 1)業績予想
 2)株価予想
の2つの要素が存在します。

どちらが重要かというと、
言うまでもなく「業績予想」です。

長い目を見た場合、
株価が見込み通り上昇しても
業績予想が外れていては
全く意味がありません。

この業績予想と株価予想の
当たりハズレを組み合わせると
次の4パターンになります。

・もっともよい
 ○業績予想 ○株価予想

・その次によい
 ○業績予想 ×株価予想

・よくないが反省すれば次につながる
 ×業績予想 ×株価予想

・運がよかっただけ
 ×業績予想 ○株価予想

資産が増えるにこしたことないのですが、
投資スキルの向上という意味では、
なんらかの反省点があった方がよいと思います。

業績予想が外れた場合は、
本当に正確な分析ができていたのか。
市場の雰囲気に流されなかったか。
について反省してみましょう。

株価予想が外れた場合は、
なぜ業績が市場と連動していないのか、
調べ直してみる必要があるでしょう。
市場評価は、よく間違えるものですけど、
もしかしたら自分だけの思い込みかもしれません。

上の4つのなかで、
もっとも注意が必要なのが、
4つ目の「運がよかっただけ」
というパターンです。

わたし自身も本当に反省すべき点なのですが、
運がよかっただけなのに
自分の実力と過信してしまうと
これは救いようがありません。(笑)

ある意味、決算発表は自分自身が、
投資を通じて、どれだけ成長しているかを
確認するイベントでもあります。

過去の自分と現在とではどこが変わったか。
分析が正しかったか、運がよかったのか。
各社の株価と業績内容を確認して、
今後の投資方針を再確認してみましょう。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】アホールドと安全圏 | トップページ | 【はっしゃん】資産運用は収入で決まる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。