« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.25

【はっしゃん】ルールを守って安全運用

クルマの運転なんて
練習すれば誰でもできますよね。

最初は少し怖いんですけど、
すぐに慣れます。

もっとも大事なことは
交通ルールを守ることですね。

免許を取るには交通ルールを
覚える必要があります。

交通ルールはスピードを出しすぎず、
譲り合いの心で安全運転が基本です。

クルマはルールを守っていれば、
安全な乗り物だと思います。

 * * *

株式投資も同じです。

練習すれば誰でもできます。
最初は少し怖くてもね。

もっとも大事なことは
ルールを守って投資することです。

でも、株式投資の世界には
明確な運用ルールがありませんから
自分なりにルールを作って
それを守る必要があります。

いちばん難しいのは、
このルールの部分でしょう。

 * * *

さて、普通免許でF1の運転が
できるわけではありません。
みなさん、F1レーサーになりたいですか?

株式投資の世界でも同じです。
普通免許の素人が資産を10倍に
増やすようなことを考えてはいけません。

むしろ、常にルールを守って
安全運転を心がけなければ
ならないんですよ。

株式投資はルールを守っていれば
安全な資産運用だと思います。

それを危険だと思うのは、
あなたが少々スピードを
出しすぎているからですよ。(笑)

急がば回れといいますけど、
焦って道に迷うよりも
ゆっくりでも確実に増やす方法を
考えてみませんか?

気持ちにもっと余裕をもって。
スロートレードでいきましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.05.17

【はっしゃん】信頼できる経営者に預ける

よく下げますね。

株価が少しくらい下がっても
世の中は変わらないし、
いつもと同じように動いてますよ。

今の株価というのは
あくまで一時的な市場評価であって
本当の企業価値というのは、
市場のマネーゲームではなく、
投資先企業の皆さんの努力によって
少しずつ増えていくものです。

こうしている間も
投資先の従業員のみなさんは、
汗を流して働いていることでしょう。
株主であるあなたのために。

株価の動きに一喜一憂することほど
つまらないことはないと思いますよ。(笑)

投資金額が年収より少ない人にとって、
この程度の資産変動は、
長期的に何の影響もないと思います。
気にしていても時間の無駄です。

企業に投資をするということは、
お金を経営者に委ねたということです。
あとは任せておけばいいんですよ。

いい経営者なら、企業価値を高めて
あなたに返してくれるはずですから、
その「確認」だけをすればいいんです。

人生でもっとも大切なものは時間です。
株価に一喜一憂して浪費するのではなく、
信頼できる経営者に預けて、
有意義に使うことを考えましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.05.16

【はっしゃん】人の評価は数字で決まる

企業を動かすのは人材です。
社長、経営陣、店長、パートさん。

長期投資の是非というのは、
投資先企業の皆さんの努力で決まります。

でも、バランスシートの資産には
お金で買えるものしか入ってないんですよね。

土地、店舗、商品は評価できても
そこで実際に働いている
人材を資産とすることはできない。

「人材こそが我が社の
 かけがえのない資産です。」

なんて言われても入ってない
じゃないですか。(笑)

あえていえば、損益計算書に
人件費として金額で出てきます。
たんなる経費というわけですけど、
支払い給与と企業への貢献度は
全く次元が違いますからね。

ここが企業分析でもっとも難しい
人材評価の部分だと思います。

特にトップになるほど、
その影響が大きくなります。

経営者をみる投資が重要だと
言われる理由はここにあります。

しかし、この部分ほど
いい加減なものもありません。

どうしても印象評価や第三者評価が
中心になってしまうからです。

例えば、ホリエモンを
経営者として評価していた人は
「人を見る目がない」
と思った方がいいと思います。(笑)

わたしも同世代の代弁者のような
好印象を持って評価していました。

この人なら投資して大丈夫?
ってそんな、いい加減な
投資判断はダメだと思います。

結局、数字があっての人なんです。
人を見ることは、数字を見ることより
はるかに難しいですからね。

数字を信用して裏切られたら
あのバカ野郎!でいいですが、(笑)
人を信用して裏切られたら
自分がバカだということですからね。

人材評価というのは実績と信頼。
つまり数字の積み重ねです。
思い込み評価は止めましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.05.06

【はっしゃん】資産運用は収入で決まる

今日は株式投資と収入の関係
について書いてみます。

株式投資というのは、
あくまでも資産運用の一部であって、
リスクテイクできる余裕資金を活用して
大きなリターンを狙うものです。

この資産運用で、最も重要なのが、
元本部分を増やすこと。
つまり、収入源の確保です。

人が生きていくために
最低限必要な資産というのは、
大きな差になりませんから
ゴール金額はほぼ同じです。

100万円→1000万円は
10倍の運用成績が必要ですが、
500万円→1000万円は
2倍でいいというわけです。

すなわち勝ち組と負け組は
収入に大きく影響されます。

元本100万円→○億円
というのは長期でも短期でも
しょせんマネーゲームです。

もちろん、まじめに投資をしていたら
結果として運良く増えた
ということは、よくあります。

しかし、最初から大きく増やすために
必要以上のリスクをとると
投機ゲームになっちゃいます。

失礼ながら、ほぼ間違いなく
あなたには、100人に1人の
投機ゲームの才能はありません。

投機ゲームを考える暇があったら、
収入を増やすことを考えてください。

収入が増えれば増えるほど
マネープランは楽になりますよ。

「それができないから
 投資で増やしたいんだよ」

という声が聞こえてきそうですが、
世の中、そう甘くはないです。

投資は資産がある人ほど有利です。
天賦の才能を持つ投機家もいます。

資産も能力もない人が同じ土俵で
不利な条件で戦ってもカモになるだけです。
まずは自分のポジションを理解しましょう。

投資スキルを上げることは有用ですが、
資産を10倍に増やすスキルなど
会得できる人は限られています。

それよりも、現実的な投資計画を立てて
元本を大きくすることで、少ないリスクで
確実に勝つ資産運用を実践しましょう。

地道に努力して収入を増やすことが、
結局、資産運用で最善の方法なんです。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.05.02

【はっしゃん】頭は使うほど良くなる

休暇中の方も多いかと思いますが、
いかがお過ごしでしょうか?

最近、脳トレーニングとかいう
ゲームが流行っていますけど、
頭は使えば使うほど良くなるそうです。

物覚えが悪いとか、忘れ物が多い
なんて人は、脳が退化している
可能性があるかもしれませんよ。(笑)

頭を使うことで脳機能が活性化されて
良い状態をキープできるようになります。

スポーツだって語学だって
訓練した人とそうでない人とでは
非常に大きな差がありますよね。

株式投資でも自分で考えて
自分で分析することを始めないと
何年やっても進歩はありません。

例えば、企業分析を繰り返していくと
分析思考の働きが良くなってきて、
頭が企業分析モードになっていきます。
一種の職業脳みたいなもんだと思います。

また、漠然と読んだり考えるよりも、
文字で書いたりパソコンに入力したりして
記録に残しておくことも重要です。

思考というのは、記録して始めて
価値のある情報となるわけです。

例えば、決算書に目を通して
理解した気になっただけの人と
それを複写してから考えた人、
さらに、それを定量分析して
自分なりの結論を出した人。
さらに、それを読んでもらうために
文章としてまとめ直した人
とでは、全く脳機能の働きが
異なってくるということです。

わたしがこのブログで企業分析などを
レポートとして公開している作業でも
わが貧脳にプラスになっていると思います。

もっともブログ開始以降、
投資成績は低迷しておりますが。(笑)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »