« 【はっしゃん】投資ルールとメンタルコントロール | トップページ | 【はっしゃん】株価チャートとバックテスト »

2006.06.29

【はっしゃん】月次情報とストレスの関係

メンタルコントロールの基本は
ストレスを少なくすることです。

シナリオ通りに事が運べば
ストレスにはなりません。

株式投資がどうして
ストレス要因になるかというと
元本保証のない不確実性が高い
運用方法だからですね。

特に企業業績を見て投資する人なら
・業績が期待通りにならない
・正確な業績が予測できない
・株価が軟調になると業績も不安になる
という経験があるのでは
ないでしょうか。

普通の企業の場合は、
ふたを開けてみるまで
決算結果が分からない
なんてこともありますよね。

企業業績が正確に予測できないことが
ストレスになっているわけです。
ファンダメンタルズ投資は、
株価ではなく業績予測がキモですし。

わたしが月次情報公開企業に
投資先を限定しているのは、
このような業績予測に関する
不確実性をできるだけ排除し
ストレスを極小化するためです。

月次情報と進捗率から
業績を定量的に予測して
シナリオを用意しておけば
悩む必要はないんです。

事前のシナリオに沿って
行動するだけですからね。

まあ、それだけで投資成績が
上がるかというと微妙ですけど(笑)
ストレス軽減効果は絶大だと思います。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】投資ルールとメンタルコントロール | トップページ | 【はっしゃん】株価チャートとバックテスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。