« 【はっしゃん】暴落限定ドルコスト平均法 | トップページ | 【はっしゃん】投資ルールとメンタルコントロール »

2006.06.19

【はっしゃん】負けたくなければ損切りをしなさい

今回、多くの方が下げ相場というものを
実感されたのではないかと思います。

でも、わたしの経験から言えば、
これは少し大きめの値幅調整であって
下げ相場でも暴落相場というほどの
ものではありません。

日経平均を月足でみてください。
ただの調整ですよね。

新興市場?
新興は、いつもこうなんですよ。(笑)
別に珍しくもない。
知らなかったのなら覚えておいた方が
いいと思いますけど。

今回の相場、あえて名前を付けるなら
「信用バブル崩壊相場」
とでもなりますかね。

かわいそうな欲ボケ個人投資家が、(笑)
借金をして株を買っちゃった。
信用取引が借金であることも知らず。

その結果、みせかけの投資余力が大きくなった
個人投資家の資金が日本株に大量流入し
世界的にみても割高になっちゃった。

これは、利食いチャ~ンス!とばかりに
外資の利益確定に合った。

リスク管理のできていない
未熟な投資家が泣きを見た。

と、まあこんなところでしょう。
そして投資は自己責任、自業自得ですって。
いや、ずいぶんとひどい話です。

一般レベルの個人投資家に
信用取引やらせる証券会社と
サラ金会社に違いはあるんでしょうかね。

ホリエモンじゃないですけど、
個人も勉強しておかないと
ずるがしこい人にダマされますよ。
それも、合法的に。

特に経験の浅い人は
欲に負けないように注意してください。
「金儲け」に走ってしまうと破滅です。
仮に投資で成功しても人生棒に振りますよ。

さて、正当な長期投資というは
将来の企業価値をみて投資します。
株価はしょせん偽物ですから。

投資とは短期目的の利殖ではなく
信頼できる企業にお金を預けることです。
「モノをいう株主」なんて
インチキ屋がいましたけど、
経営者を信頼して任せることです。

公共の福祉のために、
リスクをとって余裕資金を提供する
エンジェルが投資家の役割なんですよ。

もっとも、わたしは損をしてまで
エンジェルをする気はないですけど。(笑)
だから、年1~2回の割安な局面を
狙って負けない投資をしています。

なぜなら、人気投票で決められる
偽物の企業価値(つまり株価)っていうのが、
救いようのない大バカで、
常に間違っているからです。

この「真の企業価値」と「偽物の企業価値」との
ギャップが投資家の儲け処というわけですが、
リスク管理をキッチリできていないと、
正しい投資行動をしていても負けちゃうんです。

このような局面で泣かないための
唯一の方法が「損切り」ですね。

ちなみに、わたしのポートフォリオには
含み損の銘柄は1つもありません。
あれば、売りますから。(笑)

1円でも買値を下回ったら
損切りすることをオススメします。
はやい方が傷は浅いです。

含み損ということは、
・銘柄選択
・売買タイミング
のいずれかを間違えているんです。

いい銘柄を適切なタイミングで
買えば含み損なんて発生しない。

そして失敗を次に生かさないと
スキルは上達しない。

去年のバカでも儲かる相場の延長で、
放置さえしておけば、そのうちプラ転する
なんて希望的観測で含み損を続けている
人はいないでしょうね。

まっとうな資産株、成長株なら
いずれは戻すと思いますけど
あなたの持株、本当に大丈夫ですか?

損切りを繰り返していくと
本当にいい企業、いい銘柄だけが残ります。
偽物は消えますが、本物は裏切りませんから。

残ったお気に入りの銘柄と
末永く付き合っていきたいものです。
これが真の長期投資だと思います。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】暴落限定ドルコスト平均法 | トップページ | 【はっしゃん】投資ルールとメンタルコントロール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。