« 【はっしゃん】ルールを守って安全運用 | トップページ | 【はっしゃん】暴落限定ドルコスト平均法 »

2006.06.02

【はっしゃん】幸福論と長期投資

みなさんは1日働いたから
いくら儲かったとか
お金のことを考えながら
仕事をしていますか?

バイトはYesかもしれませんね。
でも、仕事といっても、お金ではなく、
やりがいや達成感などの方が
重要ではないでしょうか?

お金に支配された仕事ほど
つまらないものはないです。
仕事の本質は、金儲けにあらず。
自己実現と社会貢献です。

向上心、思いやり、感謝の心。
社会のなかで存在感を持ち、
誇りをもって生きていくこと。

人間は、人から必要とされ、
尊敬され、成長を自覚することで、
自分を幸福と感じます。

この傾向は、金銭的に余裕のある人や、
お金に執着がない人に顕著になります。
お金が欲しい人には、あまり通じません。

できれば、お金だけではなく、
人に喜ばれる、やりがいのある
自分が好きな仕事を持ちたいものです。

長期投資は、その手助けになるでしょう。

 * * *

そて、幸福論を株式投資に
置き換えてみましょう。

株式投資では株価に一喜一憂して
いくら儲かったとか、
損したとか考えるのが普通です。

でも、お金だけを目的とした、
お金に支配された株式投資も同様、
つまらないものだと思います。

株式投資の本質もまた、
「金儲けだけ」にあらず、(笑)
自己実現と社会貢献だと
仮に考えてみましょう。

みなさんも実は、株式投資を通じて
・必要とされたい
・尊敬されたい
・成長を自覚したい
ということは、ありませんか?

この傾向は、株式投資の原点である
・お金持ちになりたい
の目標をある程度クリアした人に
顕著であると思われます。

はっしゃん自身は、志半ばですが、
そうありたいと願い、
日々、仕事と対峙しながらも、
投資活動に取り組んでいます。

錯覚かもしれませんが、(笑)
努力して成長できている
今を幸福だと感じます。

長期投資で「お金」と「幸福」
その両方を追求しましょう。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】ルールを守って安全運用 | トップページ | 【はっしゃん】暴落限定ドルコスト平均法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。