« 【はっしゃん】月次情報とストレスの関係 | トップページ | 【はっしゃん】リスクマネジメントと信頼 »

2006.07.03

【はっしゃん】株価チャートとバックテスト

はっしゃん式長期投資の特徴の1つに
バックテストがあります。

バックテストっていうのは
一般にはテクニカル用語?なので、
ファンダメンタルズ投資では
あまり聞かれない言葉だと思いますが、
投資方法の有用性を過去の株価で
検証することです。

ファンダメンタルズ投資でも
バックテストは非常に有用です。
過去の検証で未来のことが
分かるわけないと思われがちですが、
これが分かるものなんですね。

わたしの場合は、
 ・株価=EPS×PER
を投資の基本としていますので
 ・EPSは月次情報から
 ・PERは増収増益率から
のように業績から理論株価を導き出して
投資銘柄を選定していきます。

そのうえで株価チャートで
バックテストの検証を行い
株価と業績(理論株価)の連動性が
認められない銘柄は投資対象から外します。

バックテストで業績に連動して
株価の上昇が期待できる銘柄と
そうでない銘柄を選別するわけです。

具体的には以前にも紹介しましたが
株価チャートとPERライン
使って分析しています。

業績と株価が連動する企業の場合、
好業績で株価の上昇が期待できるなら
投資チャンスになりますし、
業績悪化で株価が下落した場合でも、
条件次第で仕込みチャンスになります。

逆に、業績と株価の連動性がない企業は
値動きが読めない銘柄ですね。
こういう銘柄は投資価値がありません。
不確実な銘柄に投資したくないですからね。

実際に調べてみると分かりますが、
明らかに業績や理論株価と連動して
株価を上昇させている企業があります。
こういう企業を狙い撃ちして
投資精度を向上させる効果が
バックテストにあるわけです。

ちなみに対象銘柄としては、
月次情報公開企業がおすすめです。
定期的に業績が開示されているので、
業績株価連動率が高くなる傾向にあります。
透明性が高いのでノイズが少ないんですね。

わたしが月次情報公開企業に
投資先を限定しているのも、
月次情報+バックテストを実践しながら
ストレスもなく、スロースタイルで
投資できるからです。

さて、バックテストの基本は
言うまでもなく株価チャートです。
理論株価と株価との連動性の確認には
視覚化された株価チャートが便利です。
チャートを見れば、適か不適か一瞬で分かります。

ちなみにテクニカル指標は一切使いません。(笑)
まあ、移動平均線くらいはあってもいいですけど、
テクニカルは基本的に数字遊びですから、
ほとんど意味がないんですよね。

ちなみに、わたしは明日香
というソフトを愛用しています。

明日香はテクニカルに走っていない
珍しいチャートソフトです。
おすすめですよ。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】月次情報とストレスの関係 | トップページ | 【はっしゃん】リスクマネジメントと信頼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。