« 【はっしゃん】損切りと売買タイミング | トップページ | 【はっしゃん】配当とインカム投資その1 »

2006.07.19

【はっしゃん】長所を生かし短所をヘッジする

さて、株式投資というのは

1)銘柄選択
2)売買タイミング

の2点に分解できます。

それぞれについて

1)銘柄選択
・銘柄分析力が高い人ほど有利
・苦手な人は分散投資でヘッジできる

2)売買タイミング
・売買判断に長けた人ほど有利
・タイミングの分散でヘッジできる

のような特徴がありますね。

銘柄選択と売買タイミングは、
それぞれ銘柄分析力と売買判断力という
投資スキルによって決まります。

 * * *

銘柄分析力の高い人は、
その分析力を生かす投資方法を
採用すべきでしょう。

たとえば、分析力を分散させる
分散投資ではなく、
銘柄を特定少数に選択集中させる
集中投資が考えられます。

分散投資の場合でも
スクリーニング+分析で
より投資効果の高いものを
選別することができると思います。

分析が苦手な人は
分散投資をしてヘッジしておく
ことになると思います。

 * * *

また、売買判断力に長けた人は
その能力生かす投資方法を
選択すべきでしょう。

常時フルインベストメントで
最大限の投資効果を狙うのが当然ですね。
また、戦略的にキャッシュポジションに
戻すこともあるかもしれません。

逆に売買判断が苦手な人は
ドルコスト平均法などで
タイミングのリスクを
ヘッジしておきましょう。

 * * *

みなさんは、自分の長所を生かし
短所を補う投資方法を
選択していますか?

なんとなく、逆をしている人が多い
と思うのは気のせいかな。(笑)

では、タイミングについて
もう少し掘り下げてみます。

 * * *

ここ1~2年のバカでも儲かる相場で
タイミングのリスクを軽視していた人は
今年は痛い目に遭っていると思います。

タイミングは非常に難しいんです。
大部分の長期投資家にとって
タイミングは狙うものではなく、
リスク認識しヘッジすべきものです。

売買判断に自信がない人ほど
本来はタイミングのリスクを
ヘッジしなければなりません。

わたしが暴落時限定の買いとか
買値を1円でも下回れば損切りとか
いろいろやっているのも(笑)
タイミングリスクを徹底的に
ヘッジするためです。

株式投資はタイミングを無視して、
銘柄分析だけでなんとかなるような
甘い世界ではありません。

銘柄分析を深くすればするほど
リスク管理の重要性を思い知らされます。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】損切りと売買タイミング | トップページ | 【はっしゃん】配当とインカム投資その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。