« 【はっしゃん】株価チャートとバックテスト | トップページ | 【はっしゃん】集中投資とリスクマネジメント »

2006.07.08

【はっしゃん】リスクマネジメントと信頼

世の中は信頼を前提として
成り立っています。

人に対する信頼。
お金に対する信頼。
企業に対する信頼。
国家に対する信頼。

わたしたちは、相互の信頼という
かけがえのない概念を前提に
リスクを取って暮らしています。

例えば、自分の家族に殺される
と思って暮らしている人は
ほとんどいないと思います。

しかし、実際の殺人事件は
家族や親類が関係した
事例の方が多いのです。

あなたの家は本当に地震で
倒壊しないのでしょうか。

スーパーで売っている肉や野菜は
本当に安全なのでしょうか。

 * * *

リスクマネジメントで重要なのは
リスクと信頼の線引きですね。
何を信頼して何をヘッジするのか。

リスクバランスはリスクの高さや
リスク許容度によって違ってきますが、
軸がブレないことが重要ですね。

株式投資では企業業績やIRを信頼して
株価ではヘッジしておくのが
一般的でしょうか。

リスクマネジメントの観点からは
株価だけ見るのは馬鹿げていますが、
業績だけ盲信するのも愚かです。
複数の視点は有用でしょう。

いったん信頼した部分については、
最後までリスクテイクすべきでしょう。
信念を持った投資というのは、
信頼を維持できるかということですね。

何を信頼して何でヘッジするか。
投資方法の選択は、リスク要素の
組み替えにすぎないわけですから、
重要なのは基準となるルールであり、
マネジメント力となるわけです。

言うまでもなく信頼するための基本は
相手のことをよく知ることです。
信頼の代償として受け取る報酬ほど
投資家冥利のものはありません。

敗因が調査不足なんてことには
ならないようにしたいものです。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】株価チャートとバックテスト | トップページ | 【はっしゃん】集中投資とリスクマネジメント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。