« 【はっしゃん】リスクマネジメントと信頼 | トップページ | 【はっしゃん】損切りと売買タイミング »

2006.07.13

【はっしゃん】集中投資とリスクマネジメント

今日は、集中投資と
リスクマネジメントについて。

集中投資は投資銘柄を絞り込むことで
大きなリターンを狙える反面で
大きなリスクも背負うことになります。

わたしは、集中投資を行う前提として
何重ものリスクヘッジを行っており、
トータルリスクバランスでみれば、
合理的で安全な資産運用を
実践していると考えています。

わたしが集中投資をする条件を
リスク管理の観点から洗い出してみます。

●余裕資金のうち貯蓄と投資元本の
 比率を4:6までとする

 つまり、投資元本がゼロになっても
 生活に困ることは全くありません。

 長期投資なんですが、投機資金と
 割り切ってもいいレベルの
 リスク許容度を持って運用しています。

 リスク許容度は、年齢、家族構成、収入
 などによって変わってきますので
 貯蓄投資比率も変わってくると思います。

●ドルコスト平均法で売買タイミングを分散

 フルポジションであったとしても
 継続的な資金追加を行うことで
 購買余力を維持します。

 銘柄的には集中投資していても
 売買タイミングとしては
 リスクを分散しており、
 1年単位の安値局面を狙って
 効果的な買い増しを行っています。

(投資効率を高めるため、
 継続的な資金追加と
 実際に銘柄を購入するタイミングを
 分離しています。)

 資金追加や売買タイミングの分散をしないと
 売買タイミングのリスクが大きくなります。

●信用取引は絶対しない

 借金して1点集中投資なんてのは、
 ただのバカだと思います。(笑)

 上の貯蓄投資比率や
 ドルコスト平均法とあわせて
 マネーマネジメントにおける
 ポジション管理を徹底し
 リスク分散を心がけています。

 信用取引のつまらないリスク管理に
 時間を使うくらいなら、投資元本を増やして
 分析の時間を増やした方がいいと思います。

●投資先を月次情報公開企業に限定

 下方修正などの不確実な
 業績変動リスクをヘッジします。

 月次情報から売上、粗利、販管費を推測し、
 業績の進捗率を毎月予測します。

 また、業績変動の可能性が
 市場に織り込まれているかについても
 PERの同業他社比較などで確認します。

 投資銘柄の選択では、進捗率が会社計画を
 上回っていることを前提とします。

●高PERの株は買わない

 株価=EPS×PER
 の計算式に該当する
 PERと成長率のバランスが取れた
 割安成長株に限定します。

 PERの目安は
  5%成長なら10倍まで。
 10%成長なら15倍まで。
 15%成長なら20倍まで。
 20%成長なら25倍まで。
 25%成長なら30倍まで。
 を基準とし、30倍以上の銘柄は
 原則として買いません。

 高PERを避けることで
 PER低下リスクをヘッジします。

●買値を1円でも下回れば損切りする

 上の業績変動リスク、
 PER低下リスクに加え
 株価変動リスクもヘッジします。

 買値を1円でも下回れば
 原則として速やかに損切りします。

 このルールでは買値と同時に
 損切りラインが決まっています。
 (1円でなくともこれが重要です。)

 分析や銘柄選択が正しくても
 売買タイミングを誤ってしまうと
 含み損は発生してしまいますから
 このリスクをヘッジします。

 集中投資では、いかなる理由があっても
 含み損リスクを許容できないのです。

●ストレスを感じたら撤退する

 真の敵は心の中にあり。
 最後のリスクはメンタルコントロールです。

 必要以上に大きなポジションを
 とらなければストレスは発生しません。
 業績や株価が想定の範囲内にあれば、
 ストレスは発生しません。
 含み損がなければストレスは発生しません。

 オペレーションを機械的に実行すれば
 マネジメントのストレスすらありません。

 が、それでもストレスを感じたら撤退します。
 カネより精神的な豊かさを重視するのが
 はっしゃん流の投資スタイルです。

 今のところ現在のポジションや
 1点集中スタイルにストレスはありませんが
 運用金額が億単位になってくると
 少数の分散投資に移行するかもしれません。(笑)

●理由がなければ売らない

 いろいろとヘッジ要素を書いてきましたが、
 これらに該当しない場合は
 売る理由がないので、ずっとアホールドです。

 長期投資では、いい株を長く持てば持つほど
 リターンが大きくなります。

 いかにストレスなく株式投資と
 長く付き合えるかが重要だと思います。

 * * *

参考までに言っておくと
わたしは万人向けの投資法を
開発しているのではなく、
自分の個性にあった自分のための
オリジナル投資を追求しているだけです。

リスクマネジメントの考え方は
人それぞれなので
集中投資にこだわる必要なんて
全くないと思いますが、
何らかの差別化は必要だと思います。

リスクテイクできていますか?

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】リスクマネジメントと信頼 | トップページ | 【はっしゃん】損切りと売買タイミング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。