« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.22

【はっしゃん】200万から15年で1億作る方法

今日はマネーマネジメントの
余裕資金と資産運用について
考えてみます。

余裕資金とは金融資産のうち
普通に生活するために必要な分を
除いた自由なお金です。

ようするに、なくなっても
困らないお金ですね。

単年収支で考えると
 余裕資金=家計収入-生活資金
になります。

家計収入:500万円(手取り収入です)
生活資金:300万円

という人なら200万円が
余裕資金ですね。

余裕資金を増やす方法は
1)家計収入を増やす
2)生活資金を節約する
の2つになります。

家計収入は、その人が
社会からどの程度必要と
されているかで決まります。

まっとうな道を志して
収入を増やしたければ、
社会の役に立つ人間に
なりなさいということです。

次の生活資金ですが、
単純に生活レベルで決まります。
生活レベルを落とせば
それなりに節約できます。

食費などは工夫次第で
かなり減らせますし、
とにかく無駄な出費をしない
ことが重要ですね。

 * * *

投資を考える前に
まず家計の収入と支出を理解して
効率的に余裕資金を作る
ことを考えましょう。

家計収入:500万円
生活資金:300万円
余裕資金:200万円

の人もいれば、

家計収入:500万円
生活資金:500万円
余裕資金:0円

の人もいますね。

これが企業だったら、
あなたは、どちらの方に
投資したいでしょうか。(笑)

200万円も15年貯めれば
3000万円ですが、
資金追加をしながら15%で
複利運用できれば、
15年後には7000万円増えて
ちょうど1億円になります。

15per

いかに継続が大事なことか
お分かりいただけますでしょうか。

仮に1億円を作りたいとすると
毎年200万円を投資にまわせる人には
15%以上のパフォーマンスは
必要ないと思います。

目標を高く設定するとしても
20%で十分でしょう。
15%以上のリスクを取るよりは
安全でより確実な方法を選択すべきです。

15%運用を15年間続けることは
簡単じゃありません。
重要なのは長く続けるための
マネーマネジメントと
リスクコントロールです。

はっしゃんは目標20%、
最低ラインで15%を
資産運用の目安としています。

だから目標以上の
パフォーマンスがあったとしても、
たまたま運がよかっただけですし、
それ以下ならば、まだまだ勉強不足
と認識しています。

重要なのは、何年続けられるか?
の方なんです。
前に紹介した3年ルールなら、
5回で15年になります。

 * * *

毎年200万円は1つの目安ですが、
それ以下の人は資産運用について
考えるだけ時間の無駄だと思います。

その前に
1)社会に貢献して収入を増やすこと
2)節約して200万円作る方法
を考えたほうが効果が高いと思います。

株式投資は余裕資金が少なければ
少ないほど不利になり、
リスクを取らざるえなくなります。

例えば、1~2ヶ月前の下げ相場で
打つ手がないような人と比べて
余裕資金がある人は、
かなり優位になりますよね。

ランチェスターの法則を思い出して下さい。
弱者は自分に有利な状況を作って
戦わないといけないのに
逆のことをしているようでは
負けるべくしてやっているのと同じです。

長期的なビジョンを持って
資産運用を考えてみましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.18

【はっしゃん】予防医療と対処医療

今日は夏休みです。

さて、病気の自覚症状が出てから
治療することを対処医療といいます。

多くの人は自覚症状が出るまで
自分を病気だと思っていません。

実際には知らない間にも
病気は進行しています。

「自覚症状が出たら病院へ行く」

という常識が実は
大きな誤りであるのです。

対処療法だけではなく
予防医療の考え方が重要ですね。
基本は運動と食事です。

タバコを吸っていませんか?
バランスのよい食事がとれていますか?
適切な運動を定期的にしていますか?
仕事にやり甲斐がありますか?
ストレスなく楽しい生活をしていますか?

予防医療の基本は自己管理です。
健康は人生最大のリスク管理。

命を削ってちっぽけな金を
手に入れて何の意味があるのでしょう。

 * * *

さて、予防医療と対処医療の概念を
株式投資に置き換えると

 予防医療=業績
 対処医療=株価

となります。(笑)

あくまで基本は予防医療ですね。
企業分析をしながら
長期投資をしていくことは
ストレスのない健康的な
生活を送ることと同義です。

それでも人間ですから、
風邪をひくこともあります。
このような時は無理をせず、
病気を治すことに専念してください。

例えば、損切りなどの
株価オペレーションは
対処医療になります。

インフルエンザで40度以上の
高熱が出ているのに病院にも行かず
耐えて我慢する人を見かけますね。(笑)

基本が予防なのは結構ですが、
必要に応じて適切な医療処置を
できるだけ早く受けること。
対処が早ければ回復も早いです。

ルールに則った適切なリスク管理が
できていないあなたのことです。(笑)

たまに、損切りなど対処医療を否定する
危険な民間療法を見かけますが、
そういう場所には近寄らない方が
いいと思いますよ。(笑)

予防医療と対処医療は
リスク管理の両輪なんです。
健康でも株式投資でも
同じことですよ。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.15

【はっしゃん】シンプルイズベスト

128.73
334.25
998.41
576.34
229.69

これらの数字を
1)小数点以下を四捨五入して記録しなさい
2)小数点以下を切り捨てて記録しなさい
というタスクがあったとします。

これだけなら
どちらでも簡単ですよね。

では、同じタスクが1000問あり、
できるだけ速く記録することを
要求される場合はどうでしょうか?

結果としては、
・記録速度
・正確性
において圧倒的に切り捨て方式が
有利になると思います。

切り捨て方式は整数部を
単純に転記するだけですが、
四捨五入方式では
・0~4までの数字を切り捨て
・5~9までの数字を切り上げ
という条件分岐が発生します。

このような小さな条件分岐でも
ミスの発生確率が上がりますし、
効率も低下します。

 * * *

ここで問題にすべきなのは
小数点以下の数字の重要性です。

その数字が無視できないほど
重要な意味を持っているのか?

数字の重要度によって
正確性や効率を考慮して
ルールやプライオリティを決定します。

もちろん、ルールは
できるだけシンプルな方がいい。
シンプル・イズ・ベストです。

わたしは不要だと思う部分は
時間の無駄だと思うので
思い切って切り捨てていますし、
可能な限り機械的に処理する
ようにしています。

例えば、損切りなんかは
機械的に処理するからこそ
意味があるのであって
そこで思考する(株価を意識する)
だけ時間の無駄です。

多く投資家は、小数点以下の
取るに足らない問題について
熱心に考えているのに
肝心の整数部については
あまり見ていないんじゃないか
と思いますけどね。

言うまでもなく長期投資では
・整数部=業績
・小数点以下=株価
なんですけど。

本当に重要なところに時間を配分し、
どうでもいい部分や例外案件は
四捨五入せずに切り捨てましょう。(笑)

シンプルイズベストですよ。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.07

【はっしゃん】運用主体からみた株式投資論

今日は運用主体という見地から
株式投資を考えてみます。

まず長期投資と短期投資の
違いから掘り下げてみましょう。

 * * *

長期投資の投資成績っていうのは
長く続ければ続けるほど
投資先企業の経営能力に
依存することになります。

個人投資家の場合、
投資先企業の経営に関与する
ことはまずないので、
経営者に資金を預ける
全面委任になります。

これって逆を言えば、
資金を提供するだけで
特に何もしなくても
投資先の企業が勝手に働いてくれ、
企業価値を高めたり、
配当として収益を還元
してくれることになります。

長期投資の運用主体は
本質的には投資家ではなく、
投資先企業にあります。
投資家の役割は出資者です。

出資者という観点から見れば、
成功している本物の長期投資家は、
いい企業、いい経営者を
見る目を持っていると思いますし、
経営者を尊敬しているはずです。

このように長期的視点で
企業や経営者に注目し、
お金を預ける出資者スタイルこそ
投資的行動であるといえます。
(短期でも投資的要素はあります。)

長期投資は出資資金さえあれば
誰でも実行できますし、
誰でも成功する可能性があります。

ただし、投資資金が多い
裕福な人が圧倒的に有利です。

 * * *

一方、短期投資の投資成績っていうのは、
長く続ければ続けるほど
投資家個人の売買判断力に
依存することになります。

言うまでもなく企業価値と株価は
長期的な視野で見ると連動していますが、
短期的にはそうではありません。

気圧の高低差から
風が生まれるように(笑)
現在の企業価値と
将来の企業価値期待との
ギャップから需給が生まれ
時には大きな波動となって
投機チャンスが生まれます。

短期投資はこの需給波動を利用した
投機的な行動ですから、
投資先企業の経営状況や経営者の能力が
直接影響することはありません。
(長期でも投機的要素はあります。)

短期投資の運用主体は
投資家自身であり、
自身がプレイングマネージャとなって
売買判断を行います。

プレイングマネージャという観点から見れば
成功している優れた短期投資家は
自身が主役となる起業家、経営者の素質を持つ
天才タイプであると言えます。

短期投資の世界は企業経営と同じく
一握りの選ばれた人だけが
成功できる弱肉強食の世界です。

しかし、資金力のない人でも
努力次第では可能性があります。

 * * *

長期投資を志す人は
自らが主体者となることを
できるだけ避け、
出資者としてよい企業、よい経営者を
見極めることを心がけましょう。

資金は信頼できる者に預けて
働かせておけばよいのです。

短期投資を志す人は
自らが主体者となることを自覚し、
ライフワークとして
全身全霊をかけて
投資力に磨きをかけましょう。

努力次第では大きな成功を
つかめるかもしれません。

 * * *

このように運用主体を
分けて考えると、一般大衆が
短期投資に惹かれるのは
なんとなく理解できますね。(笑)

現実の株式投資は
2つの要素の組み合わせですね。
株式投資における投資と投機は
一体であり、不可分です。

いずれの要素についても
バランスのとれたリスク管理が
成功への近道だと思います。

参考記事:長所を生かし短所をヘッジする

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.05

【はっしゃん】配当とインカム投資その4

配当とインカムゲイン投資の
4回目。最終回です。

キャピタル投資の成功例は
世にあふれていますが
インカム投資については
あまり目にする機会はない
のではないかと思います。

通常、インカム投資の勝ちは
キャピタル投資の勝ちと
同時進行になりますからね。

インカム投資で成功している人は
相応のキャピタルゲインも
得ているのではないかと思います。

そうするとどうしても
派手なパフォーマンスとなる
キャピタルゲインに
関心が集まるのでしょう。

わたしの場合、特筆するほどの
投資成績ではありませんが、
実例として参考になるところも
あると思いますので紹介します。

 * * *

わたしの持株トップカルチャーは
10月期末一括配当ですが、
下のように4年前に比べ
配当を倍増させています。

2002年 6.25円(期初5円予想)
2003年 6.25円
2004年 10.0円
2005年 10.0円
2006年 10.0円(予)

わたしはトップカルチャーを
2002~2003年にかけて
配当利回り2%台で購入していますが、
増配のおかげで元本利回りで
3~4%の配当収入を得ています。

購入年月  購入単価(配当利回り)
2002年10月 270.66円(2.3%→3.7%)
2002年11月 241.89円(2.6%→4.1%)
2002年12月 246.93円(2.5%→4.0%)
2003年6月 287.74円(2.2%→3.5%)
2003年9月 313.00円(2.0%→3.2%)
2003年12月 318.72円(3.1%)
2005年8月 699.93円(1.4%)
2006年2月 655.36円(1.5%)

初期購入分の保有期間は
3~4年ですから3年定期
といったところです。

トップカルチャー株を
3年満期で利回り4%の
金融商品だとすると
なかなか優良商品ですね。

しかもトップカルチャーが
成長して増配すれば
利回りはさらに増えます。
インカム投資の増配マジックです。

わたしは現在のトップカルチャーには
まだ成長余力があると考えているので
2005年8月、2006年2月に
追加投資をしています。

ちなみにトップカルチャーの
初期購入分の株価は
元本比3倍になっているので
キャピタルゲインとしても
そこそこの含み益です。

 * * *

インカムゲインは企業の
配当施策に変化がない限り、
保有しているだけで
毎年確実に得られる収入です。

一方のキャピタルゲインは
見かけ上は株価によって
変動する不安定なものなので
投機的とされがちですが、
そもそも真の企業価値は不変です。

すなわち、株価という不確定要素に
惑わされることなく
真の企業価値を追求していけば
インカムゲインかキャピタルゲインか
というのは、どうでもいいことです。

株主利益の実現という観点からみれば
両者は実現手段が違うだけで
本質的には同じものだからです。

わたしが配当を重視してるのは
配当施策が企業の成長ステージや
経営方針にリンクしているからであり、
安定指向長期投資の観点から
リスクの大きい高成長企業より
低リスクで確実性の高い安定成長企業を
投資ターゲットとしているからです。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.04

【はっしゃん】配当とインカム投資その3

配当とインカムゲイン投資の
第3回です。

今日は企業の配当施策について
掘り下げてみます。
まずは受け取った配当金の
使い道から考えてみましょう。

1)配当金を再投資する
2)配当金を再投資しない

の2通りになりますね。

まあ好みによりますけど、
投資パフォーマンスを追求すれば
複利運用の方がいいでしょう。

この再投資の是非について
企業サイドでは株主価値の実現
という視点で考えます。

ビジネスモデルの先進性が大きく
優位性が保たれている場合、
収益の一部を配当として拠出するよりも
再投資を優先し、生み出す収益を
増大させることで企業価値を高め、
株主利益の向上を実現させる
という考え方もあります。

有名なところではマイクロソフトが
ずっと無配を続けていましたが、
成長の鈍化とともに株価の上昇による
株主利益の実現が難しくなり、
やがて配当を実施しました。
同社はその後、配当性向を向上させています。

このような配当施策の考えは
経営者によってマチマチですが、
企業の成長ステージとある程度の
関連があると言えるでしょう。

決算書の経営方針の項には
配当方針についても書かれていますので
投資前によく確認しておきましょう。

一般的に言えば
・成長率の高い企業
・自己資本比率の低い企業
は配当性向が低くなる
傾向にあります。

逆を言えば配当性向の高い企業は
成長のピークを過ぎて成長株投資としては
やや魅力が薄れた銘柄が多いです。

従って、銘柄の選択にあたり、
あまりに配当にこだわりすぎると
有望な成長株を選択肢から外す
という矛盾に陥ってしまいます。

もっとも、わたし自身が
かなりの配当重視主義者なので(笑)
自分自身そういう矛盾を抱えて
長期投資をしています。

わたしがなぜ配当を重視しているか
というとリスク管理と確実性の問題です。
高成長企業は当たれば大きいですけど
成長期待が外れて実績を伴わない
状況になると悲惨ですからねえ。

長期投資ではある程度の実績を持ち、
配当できる余裕を持っている
安定成長企業の方が確実性が高い
いということですかね。

このあたりは好みの問題ですけど、
はっしゃんのスロートレードの基本は
 1に月次情報
 2に配当
です。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.03

【はっしゃん】配当とインカム投資その2

配当とインカムゲイン投資の
第2回です。

今回は購入後の配当利回り
から考えてみましょう。

購入後の配当利回りは
 配当利回り=1株配当÷購入価格
となります。

購入前との違いは
市場価格か購入価格か
ということですね。

購入価格は買った後は固定
となって変化しませんから
購入後の配当利回りは
1株配当のみに影響されます。

そして、
 1株配当=1株利益(EPS)×配当性向
となります。

ようするに購入後の利回りは
EPS(投資先企業の収益)と
配当性向(配当施策)の2つの要素で
で決まるということです。

従って、増配に期待するならば、
EPSの成長余力の高い
成長株が妥当な選択肢になりますし、
安定配当を重視するならば、
そこそこの利回りが確保でき
かつ減配、無配リスクが少ない
電力株などがオススメとなります。

つまりインカム投資でも
・増配期待インカム投資

・安定配当インカム投資
とでは銘柄の選択基準は
大きく異なります。

増配やキャピタルゲインをあきらめて
電力株のような安定配当指向で
株式投資をする人は
それほど多くないと思いますが、
それなりに意義はあります。

株式は債権と比べて
インフレ耐性がありますし、
外貨のような為替リスク
もありません。

ちなみにわたしの最終目標は
余裕資産の半分を
電力株に分散投資して
配当生活を送ることです。(笑)

さて、多くの人はインカム投資
といっても増配期待インカム投資を
指向していると思います。

企業が成長とともに増配し、
1株配当を増額することで
配当利回りが上昇することが
株式インカム投資の
最大の魅力だと思います。

もうお分かりだと思いますが、
・売買タイミングの取り方(株価)
・銘柄選択の手法(EPS成長と配当性向)
において増配期待のインカム投資は
キャピタルゲイン狙いの成長株投資の
擬似手法であるといってよいと思います。

キャピタルゲイン投資では
ニセモノの企業価値である株価ではなく、
将来における真の企業価値を
見極めることが成功の条件です。

同様に増配期待インカム投資でも
株価の擬似指標である利回りではなく、
将来における真の企業価値を
見極めることが成功への道だと思います。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2006.08.02

【はっしゃん】配当とインカム投資その1

長期投資で大きなウェイトを占める
配当とインカムゲイン投資について
考えてみます。

インカムゲインで重要なのは
言うまでもなく利回りですが、
配当利回りの計算式は
 配当利回り=1株配当÷株価
となります。

つまり、配当利回りは
1株配当と株価という
2つの要素で決まります。

ここで気をつけないと
いけないのが分母の株価ですね。

一般的な配当利回りは
株価=市場価格で計算されますが、
ここに大きな問題があります。

株価はかなりいいかげんなもので
半年で2倍になったり
半分になったりします。(笑)
ちなみに、株価が半分になると
利回りは2倍になりますね。

つまり、配当利回りも
株価に連動して大きく変動するので
高利回り株を狙うためには、
株価が割安な局面を狙って
売買タイミングを取る必要がある
ということです。

安く買うのが基本なのは
キャピタルゲイン投資も
インカムゲイン投資も同じです。

特にインカムゲインを重視した
長期投資を指向するのであれば、
最低でも2~3年に1度の
割安局面を待つべきだと思います。

インカム投資ではキャピタルロスを
極力さけなければなりませんから、
「有利な時期に買う」ことが重要です。
外貨投資で円高局面を待つ
ことと同じことですね。

言うまでもなくリスク管理の重要性は
キャピタルゲイン投資も
インカムゲイン投資も同じです。

参考記事:長所を生かし短所をヘッジする

チャンスは必ずやってきますので
それまでは貯蓄に励みましょう。
(ドルコスト平均法でもいいです)

ちなみに2006年7月末現在の
利回り水準を見る限り、
今は多くの銘柄が2~3年に1度のチャンス!
にあると思います。(笑)

タイミングが今だとすると、
次はどこを買うか?
銘柄選択の問題になります。

というわけで、
その2、銘柄の選び方に続きます。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »