« 【はっしゃん】長所を生かし短所をヘッジする | トップページ | 【はっしゃん】配当とインカム投資その2 »

2006.08.02

【はっしゃん】配当とインカム投資その1

長期投資で大きなウェイトを占める
配当とインカムゲイン投資について
考えてみます。

インカムゲインで重要なのは
言うまでもなく利回りですが、
配当利回りの計算式は
 配当利回り=1株配当÷株価
となります。

つまり、配当利回りは
1株配当と株価という
2つの要素で決まります。

ここで気をつけないと
いけないのが分母の株価ですね。

一般的な配当利回りは
株価=市場価格で計算されますが、
ここに大きな問題があります。

株価はかなりいいかげんなもので
半年で2倍になったり
半分になったりします。(笑)
ちなみに、株価が半分になると
利回りは2倍になりますね。

つまり、配当利回りも
株価に連動して大きく変動するので
高利回り株を狙うためには、
株価が割安な局面を狙って
売買タイミングを取る必要がある
ということです。

安く買うのが基本なのは
キャピタルゲイン投資も
インカムゲイン投資も同じです。

特にインカムゲインを重視した
長期投資を指向するのであれば、
最低でも2~3年に1度の
割安局面を待つべきだと思います。

インカム投資ではキャピタルロスを
極力さけなければなりませんから、
「有利な時期に買う」ことが重要です。
外貨投資で円高局面を待つ
ことと同じことですね。

言うまでもなくリスク管理の重要性は
キャピタルゲイン投資も
インカムゲイン投資も同じです。

参考記事:長所を生かし短所をヘッジする

チャンスは必ずやってきますので
それまでは貯蓄に励みましょう。
(ドルコスト平均法でもいいです)

ちなみに2006年7月末現在の
利回り水準を見る限り、
今は多くの銘柄が2~3年に1度のチャンス!
にあると思います。(笑)

タイミングが今だとすると、
次はどこを買うか?
銘柄選択の問題になります。

というわけで、
その2、銘柄の選び方に続きます。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】長所を生かし短所をヘッジする | トップページ | 【はっしゃん】配当とインカム投資その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。