« 【はっしゃん】シンプルイズベスト | トップページ | 【はっしゃん】200万から15年で1億作る方法 »

2006.08.18

【はっしゃん】予防医療と対処医療

今日は夏休みです。

さて、病気の自覚症状が出てから
治療することを対処医療といいます。

多くの人は自覚症状が出るまで
自分を病気だと思っていません。

実際には知らない間にも
病気は進行しています。

「自覚症状が出たら病院へ行く」

という常識が実は
大きな誤りであるのです。

対処療法だけではなく
予防医療の考え方が重要ですね。
基本は運動と食事です。

タバコを吸っていませんか?
バランスのよい食事がとれていますか?
適切な運動を定期的にしていますか?
仕事にやり甲斐がありますか?
ストレスなく楽しい生活をしていますか?

予防医療の基本は自己管理です。
健康は人生最大のリスク管理。

命を削ってちっぽけな金を
手に入れて何の意味があるのでしょう。

 * * *

さて、予防医療と対処医療の概念を
株式投資に置き換えると

 予防医療=業績
 対処医療=株価

となります。(笑)

あくまで基本は予防医療ですね。
企業分析をしながら
長期投資をしていくことは
ストレスのない健康的な
生活を送ることと同義です。

それでも人間ですから、
風邪をひくこともあります。
このような時は無理をせず、
病気を治すことに専念してください。

例えば、損切りなどの
株価オペレーションは
対処医療になります。

インフルエンザで40度以上の
高熱が出ているのに病院にも行かず
耐えて我慢する人を見かけますね。(笑)

基本が予防なのは結構ですが、
必要に応じて適切な医療処置を
できるだけ早く受けること。
対処が早ければ回復も早いです。

ルールに則った適切なリスク管理が
できていないあなたのことです。(笑)

たまに、損切りなど対処医療を否定する
危険な民間療法を見かけますが、
そういう場所には近寄らない方が
いいと思いますよ。(笑)

予防医療と対処医療は
リスク管理の両輪なんです。
健康でも株式投資でも
同じことですよ。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】シンプルイズベスト | トップページ | 【はっしゃん】200万から15年で1億作る方法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。