« 【はっしゃん】ニセモノのベテラン | トップページ | 【はっしゃん】裸の王様 »

2006.09.24

【はっしゃん】実地調査と月次情報

昨日は家族でショッピングに
行ってきましたが、
そのついでに、いろいろ
お店見学もしてきました。

さすがに駅ビルなので
アパレル系が多いですね。

パスポート、ハウスオブローゼ
ハニーズ、タビオ、新星堂
ヴィレッジヴァンガード
卑弥呼、ナルミヤインター
などなど。

さて、小売業投資において
店舗の実地調査は
必要でしょうか?

人によっては、実際に
自分の目で見ないと
とても買えないって人もいるし、
バイアスがかかるだけだから
不要という人もいますね。

これは、ある意味
どちらも正しいです。

まあ、わたしは
どっちでもいいですね。
月次情報の数字が
最優先だから。

重要なのは、実地調査の
プライオリティを
理解しているかどうかです。

理解できている人は
店頭にはぜひとも
行ってみるべきですね。
学ぶことが非常に多いです。

理解できていない人は
月次数字だけみた方が
無難ですね。

実地調査で見るべき
ポイントを知らず、
印象評価してしまうと
投資にはマイナスに作用する
可能性もあります。

わたしも店舗を見て
評価できるほどの
専門家じゃないですから
気をつけています。

たとえば客の入りが悪い
という印象が残ってしまうと
なんとなく自信を持って
買えなくなってしまいませんか。

客の入りなんて
曜日や時間帯によって
全く違いますよ。

そもそも、あなたは
その店舗のターゲット
顧客なのか?
という問題もありますね。

ターゲットじゃない人には
店舗の本当の魅力は
伝わらないはずですよ。
あなたの方を向いて
いないんだから。(笑)

まあ、コンビニ程度なら
誰でもターゲットでしょうけど、
そのコンビニがいちばん
評価が難しいんじゃないかと
思いますけどね。

無難にまとめておくと、
店舗の実地調査をした上で
月次情報を最優先するのが
一番だと思います。

え、月次情報がない?
そんな企業に投資する
価値はありません。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】ニセモノのベテラン | トップページ | 【はっしゃん】裸の王様 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。