« 【はっしゃん】起業のすすめ | トップページ | 【はっしゃん】ニセモノのベテラン »

2006.09.20

【はっしゃん】四季報と市場コンセンサス

四季報が出ていますね。

四季報の利用価値ですが、
ひと言で言うと

「市場予想の
 コンセンサスを知ること」

ですね。

1週間もすれば、
織り込まれると思います。

予想精度については
おおむね会社予想と
同程度だと思われますが、(笑)
影響力は無視できません。

特に2期予想などは、
デタラメでもいいから(笑)
数字がほしいわけで
四季報は、このような
投資家ニーズにピッタリです。

個人的には四季報予想なんて
どうでもいいので
可能な限り、会社計画の数字を
そのまま掲載して
ほしいんですけどね。(笑)

さて、四季報で重要なのは、
その数字が正しかろうと
間違っていようと、
その数字が市場の
コンセンサスとなって
影響力を持つことです。

仮に自分の分析が正しくとも
市場のコンセンサスには
逆らえないというわけです。

まあ、このような問題は
最終的には時間が
解決してくれます。

市場コンセンサスと
現実とのギャップが大きければ、
サプライズとなり、
大きな株価変動となる
可能性もあるわけです。

つまり、四季報の
あら探しをして
それが実現するのを待つ。
っていうのは有効ですね。

それには月次情報投資が
もっとも有効だと思います。

もっとも思惑通りに
事が運ぶことは
少ないですけど。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】起業のすすめ | トップページ | 【はっしゃん】ニセモノのベテラン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。