« 【はっしゃん】自転車の練習 | トップページ | 【はっしゃん】期待値と確実性 »

2006.10.03

【はっしゃん】社長が死んだらどうなるか

集中投資をしていると
たまに社長が死んだらどうなるか?
なんて聞かれることがあります。(笑)

答えは、
「どうにもなりませんよ。
 会社というのは、
 そういうものですから。」

となります。
事例を2つ紹介しましょう。

 * * *

最初は中古ゲームや
レンタルビデオで
おなじみのゲオです。

ゲオの前社長は、
圧倒的な指導力で
ゲオをCCCに次ぐ
業界ナンバー2に育てた
素晴らしい人物でした。

まさに、余人を持って
代え難きスーパー社長。

しかし、不幸な事に
不慮の交通事故で
亡くなってしまいます。
2004年6月のことです。

ところが、ゲオはその後も
何事もなかったかのように
成長を続けています。

すでにビジネスモデルは
確立しているわけですから、
そう簡単に成長は止まりません。

あえて言えば、
新社長に変わってから
M&AでCCCに
遅れをとっている
ような気がしますが、
あの社長の後をついで
十分やっていると
評価してよいでしょう。

 * * *

もう1つは
海洋建築大手の
五洋建設です。

はっしゃんも
短期投資時代には
何回もお世話になった
銘柄です。(笑)

なんと社長が
本社ビルから
飛び降りて自殺。
2004年12月のことです。

社長が本社ビルから
飛び降り自殺なんて
企業にとって
これほど不名誉な
事件はないですよね。

でも、株価は自殺した
2004年12月を底値に
2倍以上に上昇します。

皮肉なものですね。

 * * *

よほど小さい会社でもない限り、
社長が死んでも企業業績や
株価への影響はほとんどない
と思って間違いないでしょう。

他人の死を心配する
暇があるなら、
自分の健康リスクでも
考えたらいかがでしょうか。(笑)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】自転車の練習 | トップページ | 【はっしゃん】期待値と確実性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。