« 【はっしゃん】地震やテロのリスク | トップページ | 【はっしゃん】BSチャートと評価システム »

2006.11.13

【はっしゃん】インプットメソッド

職場で前任者から
500人の顧客名簿を
引き継ぐことになりました。

さて、あなたなら
どうしますか?

いい方法を教えましょうか?
最初に全部を印刷します。

そして、名前、住所、
電話番号などをひとつひとつ
すべて最初から自分で
入力しなおしていくのです。

バカバカしい?
そうでもないですよ。

一度に全部を入力する
必要はないですから。
50人ずつなら10日で
入力できますよね。

入力作業の目的は
顧客名簿を記憶として
頭に刻み込むことです。

すべてを暗唱する
必要はありません。

人間はバカじゃないから、
実際に入力すると
意外と覚えている
ものなんですね。

珍しい名字や名前は
印象に残るので
特に覚えやすいですね。
一発に変換できないし。(笑)

でも、見ただけでは、
すぐに忘れてしまう。
まあ、わたしがバカ
なんでしょうけど。(苦笑)

それではお客様に
失礼ですから、
1人1人、気持ちを込めて
入力していきます。

うまく説明できないけど、
この入力を通して
頭に入っているっていう
感覚が重要なんじゃないか
と思うんですよ。

何かあったときに、
ああ、あの人!っていう
感覚ですね。

株式投資でも
四季報や決算書を
ただみているだけの人と
実際に数字を入力している人とでは、
けっこう大きな差が
あると思いますけどね。

あなたは、読むだけで
満足していませんか?

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】地震やテロのリスク | トップページ | 【はっしゃん】BSチャートと評価システム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。