« 【はっしゃん】月次投資成績(2017-04) | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<9936>王将フード »

2017.04.30

発掘チャート<9437>ドコモ上場後1年半で時価総額日本一


はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこう
という企画です。

第7回は1998年に上場後、
わずか1年半で時価総額日本一になった
NTTドコモの株価チャートです。

6_9437

(株式分割を反映しているので、
実際の株価は当時とは違っています。)

ITバブルのピークを迎えたこともあって、
NTTドコモの株価は上場後2年足らずで
5倍超まで上昇しました。

特に1999年2月にサービスを開始した
i-modeが大ブームとなり、
ドコモ株価を押し上げました。

スマホ全盛の今ではi-modeといっても
ピンとこない方も多いかもしれませんが、
ドコモを時価総額日本一に押し上げたのは、
i-modeだったことは言うまでもありません。

ドコモが携帯電話のサービスとして提供した
i-modeの簡易メール+簡易ブラウザ機能は、
1999年2月以前には存在しませんでした。

このサービスを世界で最初に実用・普及させたのが、
ドコモであったことから、i-mode規格の
世界標準化まで期待されましたが、
残念ながらグローバル市場では成功しませんでした。

株価上昇が示すような大チャンスがあったのですが、
スティーブ・ジョブズという世紀の天才に
主役の座を奪われたというべきでしょうか。

ドコモの名称は、
「Do Communications over the Mobile network」
の頭文字から採ったものですが、
これを世界標準で追求する貪欲さが
欲しかったですね。

というわけで、現在もドコモの株価は、
ITバブルの1/3程度の水準にありますが、
それでも時価総額はトヨタ自動車に次ぐ第2位です。
(2017/4/28時点。ソフトバンクと鼻の差です。)

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


|

« 【はっしゃん】月次投資成績(2017-04) | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<9936>王将フード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。