« 【はっしゃん】週次PF概況5/26 | トップページ | 【はっしゃん】<理論株価まとめ>銀行業界 »

2017.05.27

発掘チャート<7211>三菱自動車リコール隠し事件

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現してお楽しみ
いただこうという企画です。

第10回は度重なる不祥事で、
世間を騒がせた三菱自動車の
リコール隠し事件の株価チャートです。

15_7211

2004年は2度目のリコール隠しが発覚した年です。
三菱自動車がトラックに欠陥があると知りながら、
リコールを行わず欠陥を放置した結果、
死亡事故が発生したというものです。

悪質なのは死亡事故が発覚した後も、
ユーザー側の整備不良と主張して、
リコール隠しを隠蔽したことです、
母子3人を含む尊い命が失われました。

事件で株価は直近高値350円から72円まで急落、
当時、資本関係にあったダイムラークライスラーが
手を引くなど、まさに倒産秒読み段階でしたが、
重工を中心とした三菱グループが救済に入り、
再建を目指すことになりました。

しかし、コンプライアンス軽視の体質は変わらず、
後の2016年にはまた燃費偽装が問題化して、
株価は412円(2004年換算で41円)まで下落。

日産自動車の傘下で再建を期すことになり、
上場こそ維持していますが、
株価は706円(2017/5/26現在。2004年換算で71円)と、
リコール隠し事件当時を下回っています。

ドラッカーは企業の目的を
「顧客の創造」であると述べています。
顧客ニーズを満たす価値を提供し、
社会貢献の結果、得られるのが利益です。
自社利益と自己保身を一とする企業の没落は、
必然というしかありません。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


|

« 【はっしゃん】週次PF概況5/26 | トップページ | 【はっしゃん】<理論株価まとめ>銀行業界 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。