« 【はっしゃん】月次分析<3199>綿半HD | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<3923>ラクス »

2017.06.10

発掘チャート<9984>ソフトバンク株価50倍@ITバブル

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこうという企画です。

第12回はITバブルがピーク時の
ソフトバンクのチャートです。

8_9984

ITバブルは現在の上昇相場とも
多くの共通点がありますが、
その原点はテクノロジー革命と、
それに伴うナスダック市場の上昇です。
(参考:理論株価から日本株の主役を考える)

2000年当時ソフトバンクはまだ通信事業を
手掛けていませんでしたが、
米ヤフーに先行投資するなど将来性で注目を集め、
株価は2年余りで50倍に上昇しました。

株式分割を実施していますので、
チャート株価は当時と違いますが、
2000年2月に大天井を打っています。
当時の高値では198,000円でした。

このときのソフトバンクの時価総額は、
トヨタを上回っています。
なお、当時の1位はドコモでした。
(発掘チャート<9437>ドコモ上場後1年半で時価総額日本一)

今にして思えば、
17年前のバブル相場の期待は、
ソフトバンクに限っては、
正しかったとも言えますが、
バブル後の運命はハードでした。

大天井後の大底は2002年11月で、
ピークから3年ほど後。
底値は275円でピーク時の「80分の1」です。

その後は、2003年に日本テレコムを買収し、
まだ駆け出しだったiPhoneに目を付けて
2011年まで日本市場で独占しシェアを拡大。

さらに米スプリント社、ARM社の買収、
アリババへの出資などで事業分野を広げ、
最近はペッパー君などAIやロボット分野でも、
存在感を増しています。

そのソフトバンクの株価は、
米ロボット2社買収のニュースが好感され、
2013年高値を抜いてきました。

8_99842

既に時価総額でソフトバンクより上位は、
トヨタ、NTT、ドコモの3社のみ。(2017/6/9現在)
既に純利益ではトヨタに次ぐ2位。
実力で1位になる日が来るかもしれません。

それでもITバブル時の半分というのが、
バブルの怖さですけど。(笑)

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


|

« 【はっしゃん】月次分析<3199>綿半HD | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<3923>ラクス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。