« 【はっしゃん】ナスダック市場分析-ビック5編- | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<3038>神戸物産 »

2017.06.24

【はっしゃん】ナスダック市場分析-FANNG+テスラ編-

はっしゃんです。

相場の天井圏もしくは、
バブルの兆候を示すサインが
いくつか出ていますので、
先導指標となるナスダック市場の
主要銘柄をチャートで
確認しておきます。

後編は市場評価の高い
FANNG銘柄+テスラです。
(FはFacebook、GはGoogle
AにはAppleやAmazonも)
(参考:ナスダック市場分析-ビック5編-)

ブロードコム(FANNGのA)
 時価総額:105.19B$
 上昇率:8.04倍
 調整率:-4.49%

Brcm


エヌビディア(FANNGのN)
 時価総額:91.53B$
 上昇率:13.80倍
 調整率:-8.71%

Nvda


ネットフリクス(FANNGのN)
 時価総額:68.11B$
 上昇率:20.0倍
 調整率:-5.31%

Ntfx


テスラ(AI+IOT自動車の本命)
 時価総額:62.99B$
 上昇率:15.02倍
 調整率:-0.952%

Tsla


ナスダック銘柄も、
このあたりになってくると、
期待先行バブル感が満載ですが、(笑)
将来性は侮れないものがあります。

少し前のITビック5も似たような
ポジションでした。

テスラの時価総額がトヨタの1/3で
ホンダ・日産より上?
冗談でしょ?と思いますよね。
かつてのソニーとアップルの関係ですよ。
(参考:アップルの野望1-5 (2004年配信記事))
まさか抜かされるとは・・・

時価総額と成長率からみて、
上記の企業と同程度の存在感がある日本企業は、
ソフトバンクとキーエンスくらいしかありません。

内弁慶になってしまった日本企業に、
グローバル市場でもっと存在感を
発揮して欲しいと願うばかりです。

(参考:理論株価から日本株の主役を考える)

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】ナスダック市場分析-ビック5編- | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<3038>神戸物産 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。