« 【はっしゃん】週次PF概況7/21 | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<2772>ゲンキー »

2017.07.22

発掘チャート<3765>ガンホー株価100倍#パズドラ

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこうという企画です。

第13回はパズドラブームで
脚光を浴びたガンホーのチャートです。
(オレンジ線は理論株価)

3765

現在もゲームセクターの株価が
乱高下していますが、
その元祖とも言える銘柄が、
パズル&ドラゴンズで一世を風靡した
ガンホーです。

パスドラのiOS版がリリースされたのは5年前。
その2012年2月20日のガンホーの株価は、
169,300円(現在の16.93円)でした。

当時の携帯ゲームはGREEやMobageが中心で、
AppStoreやGooglePlayでのアプリ配信は、
まだ少数でした。

その中で単純なパズルとRPG要素、ガチャ要素を
組み合わせたパズドラが大ヒットとなり、
流れがスマホゲームへ大きく変わりました。

ガンホーの売上、利益は倍々ゲームで増加し、
株価はパズドラ公開から1年3ヶ月で100倍、
社会現象化したのは記憶に新しいところです。

さて、ガンホーの業績ピークは2014年でしたが、
株価ピークは2013年5月で終焉となりました。
スマホゲームは海外展開が容易なのですが、
ガチャ依存しすぎたゲーム性が、
海外で支持されなかったのが一因でしょうか。

フリーミアムで何千万のアクティブユーザーを得た
ガンホーですが、ガチャシステムが海外で支持されず、
市場の要請に従い、少しずつ国内ガチャ課金に
舵を切っていきます。ここが株価の転換点。

パズドラの功罪を述べるのはまだ早いかもしれませんが、
スマホゲームの先駆者としては評価されるべきでしょう。
しかし、GREE、Mobage時代から問題視されていた
ガチャをいち早くスマホ展開しただけとも言えます。

実際、パズドラに続く国産スマホゲームはガチャばかり。
絶好の機会がありながらグローバル市場で成功できず、
市場の期待は任天堂に戻りました。(笑)

結局、パズドラはスマホゲーム創成期において、
日本というガラパゴス市場限定でガチャ要素により
大きな成功を納めた一例と言えるでしょう。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


|

« 【はっしゃん】週次PF概況7/21 | トップページ | 【はっしゃん】月次分析<2772>ゲンキー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。