« 【はっしゃん】<理論株価まとめ>銀行業界 | トップページ | 【はっしゃん】<理論株価まとめ>電機業界 »

2017.11.18

【はっしゃん】<理論株価まとめ>通信業界

はっしゃんです。

各社の決算が出揃いましたので、
通信業界の理論株価まとめです。

上期は9月にiPhone8の発売がありましたが、
注目のiPhoneXは11月になりました。

さて、時価総額上位はトヨタを除いて、
引き続き通信業界に独占されています。

この業界は企業規模こそ大きいものの、
日本を代表する自動車や電機とは異なり、
外に出て勝負できない内弁慶業界です。
(この場合、ソフトバンクは除きます)

各社の理論株価はマチマチですが、
ソフトバンクを除き投資対象としては、
魅力に乏しい業界と評価します。
(配当利回り目的の場合は除きます。)


* * *

<9432>NTT [2Q決算]
 株価 5,744
 理論株価 7,175→8,327 (+16.1%)
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

M9432_20171118


<9437>NTTドコモ [2Q決算]
 株価 2,741
 理論株価 3,473→3,449 (-0.7%)
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

M9437_20171118


<9984>ソフトバンク [2Q決算]
 株価 9,527
 理論株価 1,970→2,728 (+38.5%)
 株価診断 [超割高] 倒産確率 0.0%

M9984_20171118


<9433>KDDI [2Q決算]
 株価 2,984
 理論株価 6,381→5,909 (-7.4%)
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

M9433_20171118


* * *

通信業界は通信インフラ基盤という
既得権益を寡占しており、
限られた国民の可処分所得から
割高な通信料を搾取しています。

これは、投資家の視点から見ると、
将来性ある新興企業の成長の芽を摘む
重大な障害因子です。

ここ10年でスマホが普及し、
ライフスタイルも変わり、
便利な世の中になりましたが、
一番儲かっているのが、
ただのインフラ屋というのが、
日本の不幸です。

ここが、アメリカでは、
 Apple、Amazon、Google...
消費者に新しいサービスを届ける
企業なんですよね。
中国でもアリババ、テンセントです。
その差は歴然。

まだソフトバンクはペッパーとか、
新しいことにチャレンジしていますが、
ドコモやKDDIがしているのは、
販促プランの取っ替え引っ替え
でしかないと思います。

i-mode敗北以降、国際競争力を失った状態ですが、
業界を分割して競争原理を導入するくらいでないと、
日本はまだまだ落ちていきますよ。
捲土重来を期してほしいものです。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】<理論株価まとめ>銀行業界 | トップページ | 【はっしゃん】<理論株価まとめ>電機業界 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。