« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017.12.24

成長の軌跡<2371>カカクコム

はっしゃんです。

「成長の軌跡」の企画では、
成長企業のIPOから現在までの、
超長期間に渡る成長のドラマを
株価チャートで振り返ります。

第6回は2003年にマザーズ上場。
ネットビジネスで急成長を遂げた
カカクコムの15年間の成長の軌跡です。

株価チャートには「理論株価チャート」を使いますので、
株価と同時に業績推移も見ることができます。

理論株価チャートは、
・緑色ライン:資産価値
・橙色ライン:理論株価(資産価値+事業価値)
・水色ライン:理論上限
から成っており、四半期ごとの
財務指標から計算されています。

なお、はっしゃんは、この企画のために、
IPO以降の全ての決算短信に目を通しています。(笑)

 * * *

■<2371>カカクコム[IPO-2007年]

IPO-5年目。
カカクコムはITバブル崩壊から
復活しつつあった2003年の上場。
初値175円は理論株価22円の8倍。

上場後の業績は上向きですが、
横ばいが続いた時期もあり株価変動は少なめ。
ピーク時で初値比2倍、理論株価比6.5倍。
2006年1月のライブドアショック以降は、
株価も2年近く調整します。

2005年には後の成長エンジンとなる
食べログを開始しています。

2371_20032007


■<2371>カカクコム[2008-2012年]

上場6-10年目。成長期。
リーマンショックで経済が停滞した時期ですが、
価格.com、食べログが成長して右肩上がりに。

この期間は株価と理論株価が
連動した上昇となっていて、
理論株価は97→970円と10倍に急拡大しています。

2371_20082012


■<2371>カカクコム[2013-2017年]

上場11-15年目。安定期。
この期間は主に食べログが牽引し、
価格.comに並ぶ2大サービスに成長するものの、
後に続くサービスは育成できず。

2017年には売上成長が10%を割り込み、
理論株価も右肩上がりから横ばいに移行。
さらに成長が止まってきたことで、
株価が理論株価を割り込む場面も。

2371_20132017

カカクコムはネットサービス専業で、
ROAが30%、ROE40%の超高収益企業。
価格.com、食べログが2枚看板ですが、
両サービスの成長が減速しつつあり、
今後の成長戦略を問われています。

15年間で理論株価は96倍になりましたが、
株価は10.9倍にとどまっています。
もっとも、IPO時点の株価が
理論株価の8倍だった点を考えると、
理論値に収斂しただけで妥当なところです。

人気のあるIT企業に多いのですが、
とにかくIPO価格が高すぎると、
長期保有で期待通り成長しても
上昇率が抑えられる傾向にあります。

 * * *

<2371>カカクコムメモ
 IPO初値(2003/10/10):175円
 現在の株価(2017/12/22):1913円 (10.9倍)
 理論株価:22→2110円 (96.0倍)


株価は常に変動しています。
需給が優先する短期投資では、
理論値より株価が上か下かは、
あまり関係ありませんが、
長期的には理論値に収斂します。

そして成長企業の理論株価は、
超長期に渡って上昇を続けます。

理論株価に基づく成長企業への長期投資は、
時間のかかるスロートレードになりますが、
誰でもできる再現性の高い投資方法です。


ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.12.23

【はっしゃん】持株会と長期投資

今日は持株会での長期投資について。


持株会とは?
 四季報をみると、株主上位に
 従業員持株会が入っている
 ところを見かけると思います。

 持株会は、従業員が給料の一部を積み立てて
 自社株式を購入する制度です。

 持株会を通じて購入した自社株は、
 単位株まで貯まると自己名義に振り替えて
 市場で売却できるようになりますので、
 長期間に渡る株式での資産形成手段として
 大きな役割を果たします。


株式投資の登竜門
 はっしゃんの場合は、
 新卒入社が上場企業だったので
 そのまま持株会に入会。
 これが株式投資の直接のきっかけ
 になりました。

 サラリーマンにとって持株会は、
 株式投資の登竜門ともいえます。

 持株会での投資については、
 賛否両論あると思いますが、
 はっしゃん式スロートレードでは、
  「最大限に利用すべし」
 という考え方です。

 持株会投資で成功した話は、
 あまり聞いたことがありませんが、
 はっしゃんは持株会長者(笑)でもありますので、
 少し紹介したいと思います。


ドルコスト平均法
 持株会投資は必然的に長期投資、
 それもドルコスト平均法になります。
 これは、毎月同じ銘柄に同じ金額を
 投資し続けるという方法です。

 成長企業の場合、この方法は非常に有利です。
 はっしゃんの場合は、持株会を通じて退職するまで
 10年以上、自社株に投資し続けていました。
 積立金額は、毎月2-3万円+ボーナス時3倍で、
 のべ投資金額は約600万円です。

 ちなみに持株会では、積立金額も変更できます。
 はっしゃんの場合は、ITバブル時に
 自社株が人気化して大きく上昇、
 理論株価と比べ超割高となった時には、
 積立金額を1000円(笑)に変更していました。


持株会のメリット
 持株会の大きなメリットとして、
 投資対象となる会社のことを
 よく理解できる立場にあることが
 あげられると思います。

 勤務先だから当たり前ですが、
 他の投資家が知ることができない
 内部情報も知ることができます。
 極めて優位な立場にあることは、
 間違いありません。

 もちろんインサイダー取引になりますので
 通常取引には制限がありますが、
 いわば合法的にできるインサイダー取引が、
 持株会というわけです。
 これは、ものすごく魅力的です。(笑)

 また、退職後も元勤務先ですので、
 インサイダーこそ厳禁ですが、
 人や商品、店舗、新規事業の動きなど、
 内部事情を知っているだけに何かと有利です。

 長期投資は企業分析が基本ですが、
 成長戦略や人事情報、売上収支など
 第三者が入手困難な情報まで
 詳しく分析できる勤務先企業は、
 投資先ベスト選択肢の1つに値するでしょう。


持株会のデメリット
 持株会のデメリットとしては、
 企業が倒産した場合、
 収入と資産を同時に失う
 ことが言われています。

 ようするにリスク管理の問題ですが、
 これは投資や経営のことを
 全く知らない素人の場合のリスクです。

 賢明なる投資家ならば、
 投資先企業の倒産リスクくらい
 容易に判断出来ると思います。

 また、分からない人向けには、
 理論株価WEBと倒産確率WEBを、
 はっしゃんが公開しています。(笑)

 はっしゃんが持株会に入会した時も、
 山一証券の倒産事例などがあり、
 敬遠する人もかなり多かったですけど、
 株というのは安い時に買うものですからね。

 もちろん、株式ですので資産変動が
 大きいのは事実ですが、
 それは皆さんよくご存じでしょう。

 はっしゃんの場合も勤務先がIT系で
 持株会でITバブルも経験しましたが、
 こういう時は、いきなり10倍になったり、
 バブル崩壊で10分の1になったりもします。(笑)


上場企業サラリーマンの特権
 持株会投資は上場企業に勤務する
 サラリーマンのみに許された特権で、
 長期の資産形成で大きなメリットがある
 非常に意義のある制度だと思います。

 個人的には、上場企業に勤める
 「唯一のメリット」が持株会投資である
 といっても過言ではないと思います。

 極論すれば、従業員持株会のない会社、
 あっても、持株会での長期投資に不適格な会社には、
 雇用契約を結ぶ価値がないと言えます。
 会社を選べる立場であればの話ですが。(笑)

 退職後は会社を離れることになりますが、
 持株会で積み立てた株式は、
 自己名義で継続保有できます。

 はっしゃんは、急騰時や退職時に一部売却しましたが、
 残りは投資価値がありと判断して長期保有しており、
 積立平均比で数倍になっています。(2017年末現在)


長期投資の王道
 はっしゃんが持株会を通じて、
 ドルコスト平均法という
 長期投資の王道を10年以上、
 実践できたことは非常に有意義でした。

 そして企業分析についても、
 持株会を通じて自社に興味を持ち、
 多くのノウハウを学びました。
 理系の会社で、技術だけでなく、
 ファンダメンタルズも分かると有利でした。
 
 今でも同じ状況なら
 同じことをすると思います。

 上場企業サラリーマンのみなさん、
 持株会投資を積極的に活用しましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

【はっしゃん】業績予想と株価予想と長期投資

企業分析に基づく株式投資では、
 1)業績予想
 2)株価予想
の2つの要素が存在します。

どちらが重要かというと、
言うまでもなく「業績予想」です。

業績予想と株価予想の
当たりハズレを組み合わせると
次の4パターンになります。

・もっともよい
 ○業績予想 ○株価予想

・その次によい
 ○業績予想 ×株価予想

・よくないが反省すれば次につながる
 ×業績予想 ×株価予想

・運がよかっただけ
 ×業績予想 ○株価予想

上の4つのなかで、
もっとも注意が必要なのが、
4つ目の「運がよかっただけ」
というパターンです。

単に運がよかっただけでは、
次につながらないのです。

資産だけが増えていっても、
投資スキルを伴っていないと、
いつかは負けますから、
その負けるべき時に、
スキルレベルに応じた負け方をするだけです。
低レベルだと、一発退場とか。(笑)

運だけで生き残れるほど、
市場は甘くありません。

 * * *

資産が増えるに越したことないのですが、
投資スキルの向上という意味では、
むしろ反省点があった方がよいと思います。

業績予想の精度を上げ、
投資スキルが向上してくると、
勝ちパターンの再現性が高まりますし、
負ける時の傷も小さく済むようになります。
長期で重要なのはこちらです。

株価予想だけ外れた場合は、
なぜ市場が業績と連動していないのか、
よく調べて考えてみましょう。
市場は、よく間違えるものですけど、
自分だけの思い込みかもしれません。

業績予想だけ外れた場合は、
正確な分析ができていたか。
情報を増やす余地はないか。
予想に反するシグナルを見逃さなかったか。
など反省点を改善して次につなげましょう。

株式投資を長期的な資産形成の場と考えると、
継続的なスキル向上は欠かせません。

決算発表などは、自分が投資を通じ、
どれだけ成長しているかを
確認するイベントでもあります。

分析が正しかったのか、運がよかったのか。
過去の自分と比べて成長できているか。
株価や業績内容を確認して、
自分の立ち位置を再認識しましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.12.03

成長の軌跡<4755>楽天

はっしゃんです。

「成長の軌跡」の企画では、
成長企業のIPOから現在までの、
超長期間に渡る成長のドラマを
株価チャートで振り返ります。

第5回は2000年にジャスダック上場。
ヤフーとともにネットビジネスの草分けとなり、
急成長を遂げた楽天の
18年間の成長の軌跡です。

株価チャートには「理論株価チャート」を使いますので、
株価と同時に業績推移も見ることができます。

理論株価チャートは、
・緑色ライン:資産価値
・橙色ライン:理論株価(資産価値+事業価値)
・水色ライン:理論上限
から成っており、四半期ごとの
財務指標から計算されています。

なお、はっしゃんは、この企画のために、
IPO以降の全ての決算短信に目を通しています。(笑)

 * * *

■<4755>楽天[IPO-2002年]

楽天はITバブル頂点から2ヶ月後の上場。
理論株価8円(分割補正前は640,000円)だった株価は、
249円の初値から2ヶ月で880円まで上昇します。
このときの期待値は理論値の110倍。

その後、ITバブル崩壊とともに株価も急落。
急速に理論値に収斂し、バブル崩壊後安値46円は
高値の19分の1という水準でした。

475520002002


■<4755>楽天[2003-2007年]

上場4-8年目。拡大期。
この時期はビジネス拡大を優先。
あまり利益を出さないスタイルで、
理論株価は上昇しません。

一方でM&Aにより企業規模は急拡大。
2003年に旅の窓口(楽天トラベル)、楽天証券を買収。
2004年はプロ野球球団、楽天カードも買収。
株式分割も相次いで実施するなど、
ライブドアともに新興企業の顔となり、
株価は「理論株価と連動しない」形で再び人気化。
ITバブルを超える1270円まで上昇しますが、
2006年のライブドアショックで急落します。

それでも、2005年以降は、
M&Aの効果や楽天市場の手数料値上げで、
少しずつ利益が出るようになってきます。

475520032007


■<4755>楽天[2008-2012年]

上場9-13年目。成長期。
リーマンショックで経済が停滞した時期ですが、
楽天は右肩上がりの成長を続けます。

2011年に楽天市場が流通1兆円を突破。
2012年には電子書籍に参入するなど、
新規ビジネスにも積極参入して利益拡大。

株価は理論株価と連動して
右肩上がりで上昇しますが、
2005年高値は超えられません。

475520082012


■<4755>楽天[2013-2017年]

上場14-18年目。安定期。
2012年12月からアベノミクスがスタートすると、
株価は理論上限から乖離して再び上昇し、
2005年高値の2倍近い2395円を記録。
業績も2016年を除き拡大します。

新規ビジネス面にも楽天モバイル、
フリマアプリ、Jリーグへの参入など
引き続き積極的に拡大しています。

一方、株価は2015年のチャイナショックで
急落して以降は弱い展開が続いています。
2016-2017年のトランプ相場にも乗れず、
これまでと逆に市場評価が厳しい状況。

足下の業績は今も好調ですが、
日本市場で類似業態の
Amazonや中国企業の存在感が
高まってきています。

475520132017

楽天の特徴は金融業を含むため、
自己資本比率が約10%と低いこと。
そのためROAは1.7%に過ぎませんが、
ROEは13%とまずまずの水準です。

株価はずっと超割高水準。
理論株価と乖離した形で
何回も大きく上昇していますが、
低迷すると理論値に近付きます。(笑)

楽天株主にとっての不幸は、
ITバブルのほぼど真ん中で上場したこと。
IPO株価が割高であるため、
18年間で理論株価は65倍になっても、
株価は4.6倍に留まっています。

もっとも、高株価での資金調達のおかげで、
M&Aを進められたことも事実なので、
企業によっては良いことであり、
株主もその恩恵に預かっているわけですが。

 * * *

<4755>楽天メモ
 IPO初値(2000/04/19):249円
 現在の株価(2017/12/01):1135.5円 (4.6倍)
 理論株価:8→519円 (65倍)


株価は常に変動しています。
需給が優先する短期投資では、
理論値より株価が上か下かは、
あまり関係ありませんが、
長期的には理論値に収斂します。

そして成長企業の理論株価は、
超長期に渡って上昇を続けます。

理論株価に基づく成長企業への長期投資は、
時間のかかるスロートレードになりますが、
誰でもできる再現性の高い投資方法です。


ありがたいことです。

| | コメント (0)

【はっしゃん】植物は夜に成長する

植物は夜に成長するそうです。
明るい昼間は光合成で栄養分を作り、
夜に茎を伸ばします。

また、明るい場所より日陰の植物の方が、
光を求めて茎を伸ばし、高く成長するそうです。

株式投資にも同じことが
言えると思います。

投資家も「夜」に成長するので
はないでしょうか?

投資家の「夜」には、
 「下落局面」「成績不振」「損切り」
などが該当するかと思います。

よい結果が出ている「昼の時間」は、
どうしても結果優先になりがちで、
研究したり、反省したりすることが
少なくなってしまいます。

一年中「昼の時間」を求めている
人もいるかもしれませんが、
昇った太陽は必ず沈むわけですから、
むしろ「夜の時間」を有効活用すること
を考えるべきでしょう。

結果を出すことが難しい「夜の時間」に、
無理して結果を求める必要はなく、
むしろスキルアップを図るよい機会
と前向きに捉えましょう。

相場に昼あれば、夜もあり。
逆にいえば、夜の間に成長できなければ、
そのうち、枯れてしまいます。(笑)

植物のように昼と夜の時間を使い分けて、
少しずつ成長していきたいものです。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

【はっしゃん】理論株価から日経平均の今後を考える

はっしゃんです。

今日は理論株価から理論日経平均を算出して、
平均株価の妥当水準や上昇余地、下落余地について
考えてみます。


日経平均の計算

 225採用銘柄の株価を各銘柄の額面補正係数で割り、
 50円額面相当のみなし株価に補正。
 さらに、みなし株価の合計を除数(現在は26.950)で
 割って算出します。
  日経平均 22,819.03 (2017/12/02現在)

 同じ要領で株価を理論株価に置き換えると、
 理論日経平均株価を計算できます。

225_1
 【図1】225採用銘柄の理論株価(1)


理論日経平均の計算

 225採用銘柄の理論株価を額面補正係数で割って、
 50円額面相当のみなし理論株価に補正。
 さらに、みなし理論株価の合計を除数で割って算出します。
  理論日経平均 19,749.61/修正余地-13.45%
  株価診断 [適正]

 現在の日経平均は理論比-13.45%の修正余地がありますが、
 理論値の80%-120%は適正範囲となります。
 平均株価には、まだ上昇余地が十分あるとも言えます。

225_2
 【図2】225採用銘柄の理論株価(2)


理論上限日経平均の計算

 各銘柄の理論上限から理論株価と同様、
 上限日経平均を計算できます。
  上限日経平均 31,546.61/上限余地+38.25%
  この水準の株価診断 [割高]

 上限日経平均は、現在のファンダメンタルズでも、
 まだ38.25%の上限余地があることを示します。
 この水準を超えると、株価診断で[割高]となります。

 ちなみに、[超割高]の基準は理論上限2倍以上なので、
 63,093.22円になります。
 バブル期を遥かに超える水準です。(笑)
 ここに至るには、歴史的な好材料出現が必要でしょう。

225_3
 【図3】225採用銘柄の理論株価(3)


理論下限日経平均の計算

 同じく、各銘柄の資産価値(=理論下限)から
 下限日経平均を計算します。
  下限日経平均 7,977.60/下限余地-65.04%
  この水準の株価診断 [超割安]

 なんと、現在の水準から65%もの下落余地があります。
 ここ数年、上昇相場が続いていたので下落リスクについて、
 鈍感になっている方もいるかもしれませんが、
 投資家として当然に考慮しておくべき下値メドです。

 バブル崩壊、金融恐慌、大規模テロ、戦争、巨大地震など、
 この20年間に株価は何度も暴落してきました。
 現在もその可能性が存在していることはお分かりですよね。

225_4
 【図4】225採用銘柄の理論株価(4)


理論日経平均まとめ

 これから先のことは誰にも分かりませんが、
 理論株価からは、現在が適正水準であり、
 状況次第では8000円も、30,000円、60,000円もありうる
 と覚悟した上で相場に対峙すれば、
 結果も違ってくるかもしれませんね。(笑)

225_5
 【図5】225採用銘柄の理論株価(5)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »