« 【はっしゃん】株価暴落と長期投資 | トップページ | 【はっしゃん】可処分時間と長期投資 »

2018.02.17

【はっしゃん】ドル円相場と長期投資

日本市場取引の6割は外国人投資家
と言われています。

われわれ日本人は円ベースで、
株価を見ていますが、
外国人投資家はそうではありません。
基軸通貨であるドルベースで
株価をみて投資判断しています。

例)ソニーのNYSEチャート。

Sne_5y

下のチャートは2000年12月以降の
日経平均とドル日経平均の比較です。
(月足終値ベース)
紺色が円ベースの日経平均。
紫色がドルベースの日経平均になります。

計算式は、
 ドル日経平均=日経平均/ドル円×100
です。

D225

今の為替相場は「強い円」ありき。
2003年の金融危機脱出以降、
「相場の上昇時は円安となり、
 下落時は円高となる」
という法則が維持されています。

チャートから紫色のドル日経平均の方が、
山が低く、谷も浅いのがわかりますが、
過去の暴落は「ドル円相場と連動」しています。

 * * *

ドル日経平均チャートの局面を
6つに分けて振り返ってみます。

1.2003年金融危機
 銀行の破綻や国有化、メガバンク救済など、
 バブル精算から日本売りとなった時期。
 「円安・株安」は、これが最後になり、
 円は、国際的に信用力の高い通貨の
 ポジションを取り戻します。

2.金融危機後の回復
 金融危機を脱出して、
 「円安・株安」から「円安・株高」に
 移行した回復局面。

3.リーマンショック
 サブプライム問題からドル売りが優勢となり、
 一気に「円高・株安」が進行した局面。

4.超円高不況
 リーマンショック後も「円高・株安」が続き
 株価も底這いを続けた局面。

5.アベノミクスによる回復
 アベノミクス以降、異次元緩和などにより、
 「円安・株高」に転換した局面。

6.チャイナショック+ブレグジットショック
 海外の波乱要因から、
 短期的に「円高・株安」となった局面。

7.2018年2月の暴落
 現在進行形で米国発の株価暴落から、(笑)
 ちょっとだけ円高・株安になった局面。

という感じです。

日本人には分かりにくいのですが、
ドルベースの外国人投資家にとっては、
株価下落(マイナス要素)と
円高(プラス要素)が同時進行するため、
円資産では暴落の衝撃が緩和されることなります。

この温度差は日本株への売り圧力となり、
短期的には、さらに日本株が売られる展開となります。

 * * *

為替レートは長期金利と連動します。
金利が上がれば、その通貨は強くなり、
逆に下がると弱くなります。

例えば、リーマンショックでは、
アメリカのローン債権がデフォルトとなり、
金利を下げまくってドル安誘導した結果、
底なしの円高となりました。

為替の変動リスクは、
長期投資に大きな影響を与えますので、
ドル円相場と個別株の投資戦略を
再確認しておきましょう。

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】株価暴落と長期投資 | トップページ | 【はっしゃん】可処分時間と長期投資 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。