« 【はっしゃん】時価総額と理論時価総額の統計分布(2018) | トップページ | 【はっしゃん】決算分析と長期投資 »

2018.07.07

【はっしゃん】同業他社比較と長期投資

 他社が真似できないビジネスモデルを有する企業は
オンリーワン企業と呼ばれます。
 競争相手に対して優位にあるオンリーワン企業は、
売上、利益で大幅な伸びを期待できます。

 例えばハイブリッド技術で優位を得たトヨタ自動車は、
世界トップにまで登り詰めました。
 最近では、メルカリがヤフオクやリユース店に対し、
大衆の支持を得て急成長。上場を果たしました。

 トヨタやメルカリ以外にもあらゆる業種・業界で、
小さなオンリーワン、成長企業は存在しています。
 理想的な長期投資の1つが、このような成長企業を
割安な時期に発掘・投資し、大きなリターン狙うものです。

 * * *

 オンリーワン企業は数字からも探せます。
キーになる指標は、売上成長率と経常利益率、
そして、理論株価です。
 これらを同業他社との相対比較で見ていきます。

 まず、確認したいのが売上成長率です。
一般に売上規模が少ない企業ほど、市場規模は小さく、
競合も少ないため、成長率が高くなります。
 しかし、企業規模が大きくなるにつれて、
競争も激しくなり、成長率は低下してきます。

 同業他社の中で売上規模と成長率を比べてみて、
突出している企業があれば注目株といえます。

 成長率と時間の関係は表の通りですが、
成長は進行形ですから時系列での比較も重要です。

Growth

(5年間も高成長を維持できることは少ない)

 * * *

 売上の次に重要になってくるのが経常利益率です。
投資家にとって優れたビジネスモデルとは、
優れた収益モデルでもあるからです。

 将来性のある市場で優位を得ている企業の場合、
市場獲得を優先し、利益より売上を追求するケースも
あるのですが、これには不確実性が伴います。

 はっしゃんは、個人投資家の立場から、
本当に優れたビジネスモデルとは、利益を出しながら、
成長できるモデルだと考えています。

 将来性ある赤字企業への投資は否定しませんが、
利益を出せないモデルに偽物が多いのも事実。
 失敗が許されない個人投資家にとってリスキーである
と考えるべきでしょう。

 * * *

 基本的に利益は、売上に比例して拡大するので、
売上規模が大きいほど、利益もまた大きくなります。

 そもそも利益はスケールメリットの影響を受けるので、
上位の企業ほど利益率が高い傾向にあります。
 したがって、中下位グループに利益率が高い企業が
あれば注目に値します。
 さらに売上成長が連動していれば言うことなしです。

 また、利益率が低い企業にもオンリーワン企業は、
存在しています。キーワードは回転率と資本効率です。

 例えば、

 資本50万円のA社が100万円分の商品を
 仕入れ販売し、利益20万円で利益率20%

 同資本50万円のB社が2倍の200万円分の商品を
 仕入れ販売して利益20万円なら利益率10%

B社の利益率はA社の半分ですが、
資本回転率は4倍でA社の2倍になるので、
資本効率では同等になります。

 例のように利益率や回転率には、
同業他社間でも違いがありますから、
 投資家として資本効率の観点から、
収益モデルを比較・分析してみましょう。

 ちなみに、A社とB社の事業価値を理論株価で
計算すると、同価値になります。
 利益率が低くても、資本効率の高い
成長企業が浮かび上がることもあるわけです。
 (自己資本比率が極端に低い場合を除く)

 * * *

 最後に、多くのオンリーワン企業は成長企業として、
市場から既に高く評価されています。
 理論株価を計算するなど、時価と将来価値を比較し、
投資判断できる客観的な基準を持つのがベターでしょう。

 参考:理論株価と長期投資

ありがたいことです。

|

« 【はっしゃん】時価総額と理論時価総額の統計分布(2018) | トップページ | 【はっしゃん】決算分析と長期投資 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。