発掘チャート

2017.03.25

発掘チャート<4689>ヤフー株価1億円を突破


はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこう
という企画です。

第3回はITバブル時に株価1億円を突破した
ヤフーのチャートを紹介します。

3_4689

ヤフーは株式分割を繰り返しており、
当時の1億円も現在500円程度になっていますが、
ITバブルピークの2000年2月には、
1億6700万円の高値を付けました。

バブル崩壊後、株価は20分の1に
下落しました。分割を補正すると
 1.6億円→700万円
の下落ということになります。

もっとも、その後は総合Webサービスの成功企業として
株価も復活し、高値を更新することもありました。
ちなみに、現在の株価(2017/03/25)は516円なので、
かつての1億円とほぼ同水準ということになります。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


| | コメント (0)

2017.03.18

発掘チャート<9435>光通信20日連続ストップ安

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこう
という企画です。

第2回は伝説となっているITバブルの象徴
光通信の20日連続ストップ安
の株価チャートを紹介します。

2_9435

連続ストップ安の期間は、
株価が付かないことがあったため、
週足チャートでお楽しみください。

20日連続ストップ安は、
現在も東証一部の連続ストップ安記録として
残っています。

この事件の後、3日連続で
株価が付かない場合は、
値幅制限が2倍に拡大される
という措置が追加されました。

従って、光通信の連続記録は、
不滅の記録として、
これからも語り継がれる
ことになるでしょう。

ちなみに24万1千円だった株価は、
最安値時には895円まで低下し、
ピーク時のわずか0.37%になりました。

その後は業績の黒字化などで
買われる場面もあり、
2006年には1万円の大台を回復しました。

ちなみに最新株価(2017/03/17)は、
11,300円となっています。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

| | コメント (0)

2017.03.11

発掘チャート<9501>東京電力:東日本大震災暴落

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
振り返っていただこう
という企画です。

第1回は、まだ記憶に新しい2011年3月11日。
東日本大震災の福島原発事故による
東京電力の株価チャートを紹介します。

9501

尊い同胞の命を奪った震災は、
安全に絶対はないということを
我々に教えてくれました。

あの日からセーフティネットの基準が
少しずつ改善されてきましたが、
まだまだ物足りないと感じる人も多いでしょう。

倒産リスクが極めて高いと思われた東京電力ですが、
その後、大きな余震が発生しなかったなどの幸運もあり、
国民支援と企業努力でなんとか生き残っています。

現在の株価は約400円。
底値から4倍程度に戻していますが、
企業責任が消えることはないでしょう。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマンショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。


| | コメント (0)