業界分析

2017.05.30

【はっしゃん】<理論株価まとめ>電機業界

はっしゃんです。

各社の決算が出揃いましたので、
電機業界の理論株価まとめです。

この業界はかつては世界一でしたが、
現在はポジションを失い
時価総額上位の顔ぶれも変わりました。
再びグローバール市場で
捲土重来を期してほしいものです。

* * *

キーエンス 理論株価 28145→30161円
時価総額:電機1位。日本10位。
センサー大手。理論株価も右肩上がりを持続。
このセクターで唯一の成長企業。

6861

ソニー 理論株価 1575→1915円
時価総額:電機2位。日本13位。
主力分野がスマホと競合も回復基調。
理論株価に株価が先行も全盛期にほど遠い。

6758

キヤノン 理論株価 2548→2632円
時価総額:電機3位。日本14位。
カメラ事業がスマホに喰われ理論株価も低迷。
業績回復を期待して株価が先行回復。

7751

任天堂 理論株価 8758→9626円
時価総額:その他製造1位。日本16位。
分類上は電機でないが近い業種なので紹介。
ゲーム事業がスマホに喰われ理論株価も低迷。
スマホゲームや新ハード期待で株価が先行回復。

7974

ファナック 理論株価 10627→11011円
時価総額:電機4位。日本19位。
業績は2014年をピークに失速。
底入れ感が出てきて株価が先行回復。

6954

* * *

こういうと失礼ですが、
キーエンス以外はピークを過ぎた会社で、
おおむね各社スマホにやられています。

1位のキーエンスは唯一の成長企業であり、
傘下にジャストシステムを持ち、
世界的にさらなる飛躍が期待される
夢のある企業ですね。

他企業の復活も願いたいものです。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.05.28

【はっしゃん】<理論株価まとめ>銀行業界

はっしゃんです。

各社の決算が出揃いましたので、
銀行業界の理論株価まとめです。

銀行株は2006年初頭のマイナス金利導入で、
理論株価下限まで下落しました。
業績的にも重しとなっていて、
理論株価の低迷要因になっていますが、
やや戻してきてました。
各社のチャートも相似形です。

マイナス金利後のドル円推移
 121円→101円→111円
にもおおむね連動。

* * *

三菱UFJ 852→758円
マイナス金利で利益を出しにくい状況

8306

三井住友FG 5583→5654円
マイナス金利で利益を出しにくい状況

8316

みずほFG 245→239円
マイナス金利で利益を出しにくい状況

8411

ゆうちょ銀 1409→1470円
マイナス金利で利益を出しにくい状況

7182


* * *

理論株価的には上値余地がありますが、
マイナス金利で買づらい状況が継続。

マイナス金利の効果も疑問ですし、
今後は消費税増税も控えており、
金融施策が読みにくい状況です。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.05.21

【はっしゃん】<理論株価まとめ>通信業界

はっしゃんです。

各社の決算が出揃いましたので、
通信業界の理論株価まとめです。

時価総額上位はトヨタを除き、
通信業界でほぼ独占されていますが、
個人的にあまり好きでありません。

自動車とは異なり海外で勝負できない
(この場合ソフトバンクは除く)
インフラ基盤という既得権益に
どっぷり浸かったガラパゴス業界です。

* * *

NTT 5421→6098円
理論株価は上昇も株価はBOX

9432

NTTドコモ 3181→3260円
理論株価は上昇も株価はBOX

9437

ソフトバンク 4719→2852円
相対的に割高だが海外でも存在感

9984

KDDI 6514→6345円
理論株価は上昇も株価は伸び悩み

9433

* * *

各社の理論株価は右肩上がり傾向ですが、
成長投資の対象としては魅力に乏しい。

現状この寡占業界が伸びるということは、
将来性ある新興企業の芽を摘んでいる
もしくは国民から利益を搾取している
ということだと思っています。

インフラの重要性は分かりますが、
この業界が世界で戦うために、
さらなる競争原理を導入できないものでしょうか。

追伸:
ソフトバンクを除き配当利回りは高いので、
安定配当株としてはおすすめ。
(もっと安く買える時期がありましたが)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.05.20

【はっしゃん】<理論株価まとめ>自動車業界

はっしゃんです。


各社の決算が出揃いましたので、
自動車業界の理論株価まとめです。

この業界には国運がかかっていますので、
中長期的な視野でさらなる成長を期待したい。

* * *

トヨタ 5872→5421円
理論株価にほぼ連動

7203

日産 1180→1121円
理論株価におおむね連動

7201

ホンダ 4019→3848円
タカタ問題以降は低評価に

7267

SUBARU 6514→6345円
2014年以降は相対的に割安

7270

マツダ 1768→2135円
2016年以降は業績伸び悩み

7261

* * *

各社、理論株価は横ばい・伸び悩み傾向です。

テスラが脚光を集める現状、
最先端技術のリーダーシップに物足りなさ。
投資するには夢が足りないですね。

ありがたいことです。

| | コメント (0)