投資コラム

2018.01.06

【はっしゃん】リスク・リターンと長期投資

投資におけるリターンは、
リスクと表裏の関係にあります。
 「リターンとは、リスクの報酬である」
すなわち、より大きなリターンを狙うには、
相応のリスク管理が必要となります。

例えば、
 信用取引と現物取引
 成長株投資と割安株投資
 集中投資と分散投資
 短期投資と長期投資
のような相関ファクターがありますが、
ようするに、リスク・リターンのバランス問題です。

レバレッジを掛けた信用取引は、
レバレッジ倍率に比例して現物取引より
ハイリスク・ハイリターンになります。

安値に放置された割安株は、
業績変化に乏しく、変動リスクも少ないため、
損はしにくいが、儲けることも難しいでしょう。

逆に、人気化している成長株は、
業績変化が大きいため、変動リスクも高く、
当たれば大儲けですが、外せば大損です。

また、投資先をできるだけ分散することでも、
変動リスクを軽減でき、大きな損をしにくくなりますが、
大きく儲けることも難しくなります。

逆に、投資先を少数に集中すれば、
また変動リスクも高まり、大きな利益を狙えますが、
損失も大きくなってしまいます。(笑)

投資期間についても同様で、
短期でリターンを得ようとするには、
長期で同じリターンを得るよりもリスクが必要です。
許容時間が2倍になれば、
必要リスクは半分になります。

失敗が続いてしまうということは、
リターン期待値を高く設定し過ぎていて、
自身のリスク管理スキル以上の
リスクを取ってしまっているかもしれません。

 * * *

そもそもリスクを取りたくなければ、
株式投資などしなければよいわけですから、
自分のリスク管理スキルとリスク配分を
よく考えて、勝てる投資戦略をたてましょう。

あたり前のことですけど、スキルレベルが低いうちは、
自身を過小評価して、大きなリスクを取らないことです。

例えば、はっしゃんの場合は、
 現物取引
 成長株投資(上昇局面) 割安株投資(下降局面)
 集中投資
 長期投資
のようなリスク配分です。

現在は、成長株への集中投資でリスクをとりつつ、
現物取引での長期投資でヘッジしています。

長期投資では期間リスクはヘッジされますが、
どうしても景気変動の影響が大きくなります。

一般的に景気の拡大局面では、
リスクはリターンをもたらしますが、
後退局面では暴落と破滅をもたらします(笑)
ので注意が必要です。
 ・NYテロ
 ・リーマンショック
 ・東日本大震災
ちょっと前のことです。

はっしゃんが
・月次情報
・理論株価
などの企業分析を続けている理由は、
企業業績の変化を先取りしたり、
株価と業績の連動性を検証することで、
リスクを減らし勝率を上げるためです。

2012年末から始まったアベノミクス相場も5年経過。
上昇相場は歓喜・熱狂に変わりつつあります。
投資家としては喜ばしいことですが、
兜の緒は締めないといけませんね。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.12.23

【はっしゃん】長期投資コラムまとめ

はっしゃんです。

長期投資コラムを続けるうちに、
後で振り返ることが増えてきたので
まとめページを作ってみました。

なお、コラムは自分自身のために、
書いている側面が大きいです。(笑)

軽いネタからロジック、技術論、
入門的内容などいろいろ。

 * * *

1.長期投資と短期投資の違い
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/09/post-38c1.html

2.ダイヤ原石と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/09/post-6972.html

3.イチロー選手と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/09/post-9381.html

4.3年固定ルールと長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/10/post-d805.html

5.マネジメントと長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/10/post-f824.html

6.理論株価と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/10/post-9a06.html

7.法人減税と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/10/post-8522.html

8.読まない本と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/11/post-28ac.html

9.商品・サービス価値と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/11/post-a302.html

10.業績予想と株価予想と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/12/post-df12.html

11.持株会と長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2017/12/post-1cb4.html

12.リスク・リターンと長期投資
http://hatsyan.cocolog-nifty.com/kabu/2018/01/post-1af2.html

ありがたいことです。

| | コメント (0)

【はっしゃん】持株会と長期投資

今日は持株会での長期投資について。


持株会とは?
 四季報をみると、株主上位に
 従業員持株会が入っている
 ところを見かけると思います。

 持株会は、従業員が給料の一部を積み立てて
 自社株式を購入する制度です。

 持株会を通じて購入した自社株は、
 単位株まで貯まると自己名義に振り替えて
 市場で売却できるようになりますので、
 長期間に渡る株式での資産形成手段として
 大きな役割を果たします。


株式投資の登竜門
 はっしゃんの場合は、
 新卒入社が上場企業だったので
 そのまま持株会に入会。
 これが株式投資の直接のきっかけ
 になりました。

 サラリーマンにとって持株会は、
 株式投資の登竜門ともいえます。

 持株会での投資については、
 賛否両論あると思いますが、
 はっしゃん式スロートレードでは、
  「最大限に利用すべし」
 という考え方です。

 持株会投資で成功した話は、
 あまり聞いたことがありませんが、
 はっしゃんは持株会長者(笑)でもありますので、
 少し紹介したいと思います。


ドルコスト平均法
 持株会投資は必然的に長期投資、
 それもドルコスト平均法になります。
 これは、毎月同じ銘柄に同じ金額を
 投資し続けるという方法です。

 成長企業の場合、この方法は非常に有利です。
 はっしゃんの場合は、持株会を通じて退職するまで
 10年以上、自社株に投資し続けていました。
 積立金額は、毎月2-3万円+ボーナス時3倍で、
 のべ投資金額は約600万円です。

 ちなみに持株会では、積立金額も変更できます。
 はっしゃんの場合は、ITバブル時に
 自社株が人気化して大きく上昇、
 理論株価と比べ超割高となった時には、
 積立金額を1000円(笑)に変更していました。


持株会のメリット
 持株会の大きなメリットとして、
 投資対象となる会社のことを
 よく理解できる立場にあることが
 あげられると思います。

 勤務先だから当たり前ですが、
 他の投資家が知ることができない
 内部情報も知ることができます。
 極めて優位な立場にあることは、
 間違いありません。

 もちろんインサイダー取引になりますので
 通常取引には制限がありますが、
 いわば合法的にできるインサイダー取引が、
 持株会というわけです。
 これは、ものすごく魅力的です。(笑)

 また、退職後も元勤務先ですので、
 インサイダーこそ厳禁ですが、
 人や商品、店舗、新規事業の動きなど、
 内部事情を知っているだけに何かと有利です。

 長期投資は企業分析が基本ですが、
 成長戦略や人事情報、売上収支など
 第三者が入手困難な情報まで
 詳しく分析できる勤務先企業は、
 投資先ベスト選択肢の1つに値するでしょう。


持株会のデメリット
 持株会のデメリットとしては、
 企業が倒産した場合、
 収入と資産を同時に失う
 ことが言われています。

 ようするにリスク管理の問題ですが、
 これは投資や経営のことを
 全く知らない素人の場合のリスクです。

 賢明なる投資家ならば、
 投資先企業の倒産リスクくらい
 容易に判断出来ると思います。

 また、分からない人向けには、
 理論株価WEBと倒産確率WEBを、
 はっしゃんが公開しています。(笑)

 はっしゃんが持株会に入会した時も、
 山一証券の倒産事例などがあり、
 敬遠する人もかなり多かったですけど、
 株というのは安い時に買うものですからね。

 もちろん、株式ですので資産変動が
 大きいのは事実ですが、
 それは皆さんよくご存じでしょう。

 はっしゃんの場合も勤務先がIT系で
 持株会でITバブルも経験しましたが、
 こういう時は、いきなり10倍になったり、
 バブル崩壊で10分の1になったりもします。(笑)


上場企業サラリーマンの特権
 持株会投資は上場企業に勤務する
 サラリーマンのみに許された特権で、
 長期の資産形成で大きなメリットがある
 非常に意義のある制度だと思います。

 個人的には、上場企業に勤める
 「唯一のメリット」が持株会投資である
 といっても過言ではないと思います。

 極論すれば、従業員持株会のない会社、
 あっても、持株会での長期投資に不適格な会社には、
 雇用契約を結ぶ価値がないと言えます。
 会社を選べる立場であればの話ですが。(笑)

 退職後は会社を離れることになりますが、
 持株会で積み立てた株式は、
 自己名義で継続保有できます。

 はっしゃんは、急騰時や退職時に一部売却しましたが、
 残りは投資価値がありと判断して長期保有しており、
 積立平均比で数倍になっています。(2017年末現在)


長期投資の王道
 はっしゃんが持株会を通じて、
 ドルコスト平均法という
 長期投資の王道を10年以上、
 実践できたことは非常に有意義でした。

 そして企業分析についても、
 持株会を通じて自社に興味を持ち、
 多くのノウハウを学びました。
 理系の会社で、技術だけでなく、
 ファンダメンタルズも分かると有利でした。
 
 今でも同じ状況なら
 同じことをすると思います。

 上場企業サラリーマンのみなさん、
 持株会投資を積極的に活用しましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

【はっしゃん】業績予想と株価予想と長期投資

企業分析に基づく株式投資では、
 1)業績予想
 2)株価予想
の2つの要素が存在します。

どちらが重要かというと、
言うまでもなく「業績予想」です。

業績予想と株価予想の
当たりハズレを組み合わせると
次の4パターンになります。

・もっともよい
 ○業績予想 ○株価予想

・その次によい
 ○業績予想 ×株価予想

・よくないが反省すれば次につながる
 ×業績予想 ×株価予想

・運がよかっただけ
 ×業績予想 ○株価予想

上の4つのなかで、
もっとも注意が必要なのが、
4つ目の「運がよかっただけ」
というパターンです。

単に運がよかっただけでは、
次につながらないのです。

資産だけが増えていっても、
投資スキルを伴っていないと、
いつかは負けますから、
その負けるべき時に、
スキルレベルに応じた負け方をするだけです。
低レベルだと、一発退場とか。(笑)

運だけで生き残れるほど、
市場は甘くありません。

 * * *

資産が増えるに越したことないのですが、
投資スキルの向上という意味では、
むしろ反省点があった方がよいと思います。

業績予想の精度を上げ、
投資スキルが向上してくると、
勝ちパターンの再現性が高まりますし、
負ける時の傷も小さく済むようになります。
長期で重要なのはこちらです。

株価予想だけ外れた場合は、
なぜ市場が業績と連動していないのか、
よく調べて考えてみましょう。
市場は、よく間違えるものですけど、
自分だけの思い込みかもしれません。

業績予想だけ外れた場合は、
正確な分析ができていたか。
情報を増やす余地はないか。
予想に反するシグナルを見逃さなかったか。
など反省点を改善して次につなげましょう。

株式投資を長期的な資産形成の場と考えると、
継続的なスキル向上は欠かせません。

決算発表などは、自分が投資を通じ、
どれだけ成長しているかを
確認するイベントでもあります。

分析が正しかったのか、運がよかったのか。
過去の自分と比べて成長できているか。
株価や業績内容を確認して、
自分の立ち位置を再認識しましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.12.03

【はっしゃん】植物は夜に成長する

植物は夜に成長するそうです。
明るい昼間は光合成で栄養分を作り、
夜に茎を伸ばします。

また、明るい場所より日陰の植物の方が、
光を求めて茎を伸ばし、高く成長するそうです。

株式投資にも同じことが
言えると思います。

投資家も「夜」に成長するので
はないでしょうか?

投資家の「夜」には、
 「下落局面」「成績不振」「損切り」
などが該当するかと思います。

よい結果が出ている「昼の時間」は、
どうしても結果優先になりがちで、
研究したり、反省したりすることが
少なくなってしまいます。

一年中「昼の時間」を求めている
人もいるかもしれませんが、
昇った太陽は必ず沈むわけですから、
むしろ「夜の時間」を有効活用すること
を考えるべきでしょう。

結果を出すことが難しい「夜の時間」に、
無理して結果を求める必要はなく、
むしろスキルアップを図るよい機会
と前向きに捉えましょう。

相場に昼あれば、夜もあり。
逆にいえば、夜の間に成長できなければ、
そのうち、枯れてしまいます。(笑)

植物のように昼と夜の時間を使い分けて、
少しずつ成長していきたいものです。

ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.25

【はっしゃん】頭は使うほど良くなる

頭は使えば使うほど良くなるそうです。
物覚えが悪いとか、忘れ物が多いなんて人は、
脳が退化しているかもしれませんよ。(笑)

頭を使うことで脳機能が活性化されて
良い状態をキープできるようになります。

スポーツだって、語学だって
訓練した人とそうでない人とでは
非常に大きな差がありますよね。

株式投資でも自分の頭を使って
自分で考えることをしない人は、
何年やっても進歩しないのではないでしょうか。

企業分析を繰り返していくと
分析に関する脳の働きが良くなり、
思考が分析モードになってきます。
一種の職業脳です。

情報に漠然と触れるだけでなく、
文字に書いたり、パソコンに入力するなど、
整理・記録することも重要です。

思考は整理・記録することで、
価値ある「情報」となります。

 * * *

例えば、決算という情報への
取り組みについて考えてみましょう。

決算をニュース記事で
軽く見たただけの人。

さらに、決算書に目を通して
数字や背景を確認した人。

さらに、内容を整理・記録して、
過去や競合と比較した人。

さらに、自分なりの手法で分析して、
再現性のある結論に辿り着けた人。

さらに、人に理解してもらうために、
情報を客観視して文章にまとめた人。

それぞれのフェーズで使う脳機能の
働きは異なってきますよね。

このような分析思考ルーティンを、
スポーツや語学と同じように、
コツコツ何回も積み重ねながら、
自分のスキルに合わせて、
改善・向上を繰り返していく。

まず1年。次は3年。そして5年、10年と。
特に何もしなかった人とでは、
どれだけの差になるでしょうかね。(笑)

もちろん脳機能や思考の活性化と、
実際に相場で勝つことは別問題ですが、
(だから相場は面白いのですが)
何もせず退化するよりは、よいでしょう。(笑)

はっしゃんがブログで企業分析や
コラムをまとめて公開していることも
老脳の退化予防程度には、
なっていると思います。(願望)

頭は鍛えておきましょう。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.11.11

【はっしゃん】商品・サービス価値と長期投資

商品でもサービスでも、
ターゲット層を広げれば広げるほど、
ニーズは曖昧になり、
より多くのライバルと競合することになる。

スケールメリットがこれを上回る場合は、
ロープライスで勝負できる。

逆にターゲット層を絞り込めば、
競争相手は少なくなるが
市場パイそのものが小さくなる。

市場が小さい場合でも、
ニーズをとらえ商品・サービス価値を
差別化することでプライスを上乗せできる。
さらに、改善を重ねることで
競合が真似できないオンリーワンを狙える。

おおむね前者が強者の戦略であり、
後者は弱者の戦略となる。

 * * *

スケールメリットはグローバル化、IT化の時代。
海外拠点を活用し、またAIを利用することで、
世界規模で効率化できる。

差別化の追求はイノベーションを産み、
商品・サービス価値を再定義する。
新しい価値の前に、既存価値は破壊される。

エクセレントカンパニーは、
スケールメリットとイノベーションの
2つを同時に成し遂げ、
新しい商品・サービスを世に問う。

世界的にIT勝ち組へ富が集中し、
その影響が大きくなる中、
市場経済下では、無数の競争が続いている。

 * * *

企業の成長エンジンは、
商品・サービス価値の優位性であり、
競合との差別化である。

AmazonやiPhoneの新サービスに
触れるように、投資先企業の
商品・サービス価値を知ることは、
長期投資のキーポイントになる。

成長企業への長期投資は、
商品・サービス価値の分析と、
その検証の繰り返しなのだから。

株価の値動きだけでなく、
その裏の企業価値や差別化ポイントを理解し、
分析し続けることで、
長期投資の成功率は少しずつ
向上していくように思う。(笑)

あなたは、投資先企業の
商品・サービス価値を見ていますか?
株価を見ているだけですか。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.11.05

【はっしゃん】読まない本と長期投資

本を買うのは簡単です。
お金を出せば誰でも買えます。

でも、本を読むのは
簡単ではありません。
時間と集中が必要です。

なんとなく買ってしまった
読まない本はありませんか?

本を所有していることに
満足しているコレクターに
なっていませんか?

 * * *

1つの銘柄と深く付き合う長期投資は、
本の中でも愛読書とよく似た関係です。

でも、長期投資で分析していない銘柄は、
読まない本と同じでもったいないと思います。

業界のこと、経営のこと、将来性・・・
1つの銘柄から学べることはたくさんあります。

最初は1社からでもよいので、
自分なりに調査・研究して、
愛読書を作ってみましょう。

銘柄を分析するということは、
その会社や業界を繰り返し学んで理解し、
1つの知恵・あるいはスキルを
身につけていくということです。

投資家として成長するためには、
この知恵・スキルが重要だと思います。
お金では決して買えないものですから。

どの銘柄でどれだけ儲かったではなく、
投資した銘柄から何を学べたか。
お金だけではなく、これからの自分にとって
どれだけプラスになっているかを
よく考えてみましょう。

株式投資という学びの場を通じて、
あなたは知恵を身につけて、
スキルアップ出来ていますか?

それとも、本を買って
持っているだけですか?
ただお金儲けをしているだけですか?(笑)

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.10.28

【はっしゃん】法人減税と長期投資

はっしゃんです。

今日は「法人減税と長期投資」について

法人減税により企業の実効税率は
 2011年 約40%
 2012年 約37%
 2014年 約35%
 2016年 約30%
と低下が続いています。

実効税率から計算すると、
2011年以前と比べて企業の税引後利益は、
約16%増加することになります。

上場企業で利益が安定している
内需企業3社の経常利益と純利益から、
実効税率を概算してみます。
(2013年以降)

■<9432>NTT
9432

■<9843>ニトリ
9843

■<2782>セリア
2782

※数値は会社予想ベース(一部独自推定もあり)です。

実効税率が低下することで、
最終利益の割合が増えている
ことが分かります。

マイナス金利下の現在、
銀行にお金を預けたところで、
利子はないのも同然ですが、
上場企業の株式を購入しておけば、
法人減税を考慮すると、
直近5年間で「理論株価換算2.56%」
の恩恵があったことになります。

残った利益は配当として株主還元されたり、
内部留保となって企業競争力を高めます。

 * * *

ところで日本の法人税は安いのでしょうか?
実は決して安い方ではありません。

グローバル経済では企業は国を選べますから、
法人税が国際競争上、重要な要素である
ことは言うまでもありません。
各国の法人実効税率を比べると・・
 アメリカ:約40%
 フランス:約33%
  ドイツ:約30%
   中国:約25%
 イギリス:約20%
となっており、日本は減税後でも、
まだ先進国では真ん中くらい。
イギリスより10%も高くなっています。
財務省HPより:http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/corporation/084.htm

現在、先進国の中ではアメリカの
法人税が最も高い水準にありますが、
トランプ大統領は法人税を40→20%に
引き下げる大胆な改革案を出しています。

現在の米国株高には、このような法人減税改革を
織り込んでいる側面もあり、
世界的な株高に「国際的な法人減税競争」という
背景があることは興味深い点です。

そして、日本の法人税についても、
さらなる減税圧力がかかるとみて
間違いないでしょう。

この法人減税メリットを最も享受できるのは、
株式への長期投資なのです。(笑)

「国策に売りなし」ですね。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

2017.10.22

【はっしゃん】理論株価と長期投資

今日は、はっしゃんが銘柄分析に使っている
理論株価の仕組みについて紹介します。

はっしゃん式理論株価は、
下の式で計算しています。

理論株価=資産価値+事業価値
 資産価値=BPS×割引率(自己資本比率により割引評価)
 事業価値=EPS×ROA×150×財務レバレッジ補正

まず、資産価値は企業の1株純資産をベースに
自己資本比率で割引評価します。
 80%以上:80%
 67%以上:75%
 50%以上:70%
 33%以上:65%
 10%以上:60%
 10%未満:50%
日本株の自己資本比率は40%程度なので、
平均するとBPSの65%評価です。
また、日本株の平均PBRは1.3倍程度なので、
およそ半分のウェイトを資産価値で評価します。

 * * *

次に事業評価ですが、
 事業価値=EPS×ROA×150
で評価しますが、次のように変形できます。
 事業価値=PER15倍×ROAの10倍
日本株の平均PERは約15倍。
同じく平均ROAは5%程度なので、
PER15倍の50%。
つまり、残りの半分のウェイトを
事業価値で評価していることになります。

また、事業価値計算時のROA上限は、
20%としていますので理論株価のPER上限は、
ROA20%以上の優良銘柄で
 15×2倍=PER30倍
となります。

さらに資本効率によって財務レバレッジ補正
 財務レバレッジ補正=1/[0.66<=(自己資本比率+0.33)<=1]
が適用されます。
 レバレッジ1.5倍以下:1倍
 レバレッジ2倍:1.2倍
 レバレッジ2.5倍:1.36倍
 レバレッジ3倍以上:1.5倍

このように事業価値はROAによって、
PER0~30倍の範囲となり、
さらにROE(財務レバレッジ)によって
PER0~45倍に補正されます。

そして、事業価値のさらに2倍を
上値メドとして理論上限に設定します。
理論上限の範囲はPER0~90倍です。

結局、理論株価が何をしているかというと、
市場の行き過ぎた評価の補正ですかね。
買われすぎた価値を売られすぎた価値に付け替えて、
長期的にみて妥当範囲に修正します。

 * * *

最後にもう1つ評価率があります。
理論株価は最初は、上の式まででした。
当初は、株価を含む指標を対象外とし、
純粋に財務指標だけから計算していましたが、
リーマンショックを経験し、この考えを捨てました。

恐慌時には決算より前に株価が先行暴落し、
直近決算が黒字のまま倒産してしまいます。
決算で財務指標を確認では間に合わないのです。
そんな理論株価に価値はありません。(笑)

評価率の適用対象はPBR0.5倍未満となります。
 0.5倍以上:100%
 0.41~0.49倍:80%
 0.34~0.40倍:66%
 0.25~0.33倍:50%
 0.21~0.25倍:33%
 0.04~0.20倍:5~25% ( (pbr / 5 * 50) + 50 )
 0.00~0.03倍:0.5~2.5%( (pbr - 1) * 10 + 5 )

 * * *

なお、はっしゃんが理論株価を
利用しているのは長期投資目的です。

需給が優先する短期投資では、
理論値より上か下かは、あまり関係ありませんが、
短期的に上昇している銘柄も
長期的には理論値に収斂します。

3年、5年スパンで理論株価が
上昇し続ける銘柄に長期投資しておくと
株価も連動して上昇する。

長期投資でも理論値より上か下かではなく、
右肩上がりで株価と理論値が連動して
上昇していることが重要です。

※なお、EPSは銘柄によって純利益ではなく、
 経常利益×実効税率で計算しています。

ご参考になりましたら幸いです。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧